時代を語る・・・・

子供の頃、母が「あたしが子供の頃は・・・・」なんて話をされてもまったくといって「昔話の花咲かじーさん」の景色しか浮かばなくて「ふーん・・だから?」って思っていたけど・・・最近・・・

この間友人から借りたDVDをみていた時に、昭和の時代の東京駅が出てきた。
大きな文字盤時計に、時刻表はでかい白い看板に黒字で朝の5時くらいから23時くらいまでの電車の入る時間が刻まれている。
「ひょえーーなつかしいなーそうそう、こんなんだったよねー」
そして、電車も昔懐かしい電車が・・・・
「そうそう・・・この電車かぼちゃ電車って呼んでいたな~母と長野の実家に帰る時に使った電車だ!」
なんて、昔を思い出していた。

縁側に風鈴・・・・なんか、本当懐かしい。
昔は、夏になると夕立ってものがあって、あんなに晴れていたのに突然雨が降り出す。
それが、あっという間に去っていくと日が暮れていく・・・そして、その夕立で冷まされたまま涼しく夜を過ごすことができたのだ。
上手い具合に自然の原理が出来てたんだよね。
家の前の道も、あたしが小学校の時はまだ砂利道だったし・・・・・
今ではすっかりバスも通る大きな道になった場所も「千葉名産ピーナツ畑」だった。

見たいTVが、遅い時間で見れないときは、ラジオにTVが入っていたのでカセットテープにダビングして次の日に映像のない会話だけのTVを楽しんだり・・・・あの当時は、大好きな歌手のやってるラジオ番組も欠かさず聞いて・・・・夜にやるおもしろいラジオも布団に潜りながら聞いていた。

もちろん、CDではなくレコードで・・・・友達にレコードをテープにダビングしてもらったり・・・
カラオケもハチトラ?だたっけ?あのでかいビデオのようなものをガッチャンと入れて使ったり・・・・

中学の友達の家が、ゴルフショップを経営するお金持ちのおうちで、そこに行くとなんだかとってもハイカラな物が出てきていつも羨ましかった。
当時流行っていた「ベネトン」のグッズなんかも彼女のお姉さんの部屋にはたくさんあって、もちろん部屋にはベットがある。
そして、出てくる飲み物は「ブルーカルピスやピンクカルピス」それも「しゅわしゅわ♪」と炭酸。
カルピスの液にブルーハワイなんかの、カキ氷の液体を入れて炭酸で薄めた物を出していたのだと、今は分かるけどあの頃のあたしには「かっこいいー素敵ハイカラだわ♪」と感激したもの。
家で出てくる「甘茶鶴茶」とは大違い!
ランチをご馳走になる時も「洋風ピラフ」なんてとっても綺麗な彩りの喫茶店で食べるようなものが出てくる。
家で食べるのは、母が作る「残り物チャーハン」凄い違い!

彼女の部屋に行くと、当時の中学生にはかなり背伸びな「稲垣潤一」「YMO」「ユーミン」なんかがかかっていてなんか憧れでした。

そんな、かんなでその東京駅の風景をみて一気に過去へトリップしてしまった瞬間でした。

あーーーなんかすごい年を取ったーーーーって感じた一瞬だったね。

ちなみに家の彼は、「ボクの時代は、CDだから・・・カセットウォークマン???なにそれ???」と言われてしまった。
あんた!あたしが就職した時まだカセットウォークマン主流だったのよ!!!!
Sonyで働いてたから安く買えてすごいいいやつ使ってたんだから!!!!!
「ふーん。だから?」
ゲッ!あたしがそんなこと言われる立場になってるわけ・・・・(悔涙)
なんかムカツク・・・
[PR]
by mummy71 | 2009-05-11 07:38 |