小林 七郎おじいちゃん 番外編

無事、この間お葬式が終わりました。
死因が・・・食べ物が間違って肺に入ってしまいそこで肺炎を起こし亡くなったそうです。
年寄りの人がよくなるそうです・・・・・
ヘルパーさんが、お食事を作って食べさせていたらしいです。
詰まらせて救急車を呼んだのですけど・・・・・
言ってみれば、ヘルパーさんの不注意の死因ということになるので、公開していなかったそうです。

おじいちゃん、95歳になってました!
言ってみれば大往生でございます。
ね!おじいちゃん!
だから、家族の誰もがヘルパーさんを責めることもなく、これは寿命だということで終わりにしたそうです。

葬式の日に、家の父が粋な計らいをしてくれて・・・・おじいちゃんにちゃんとお別れができないと気にしていたあたしのために、お別れの電報を打ってくれたそうです。
葬儀の日に、おじいちゃんの祭壇の前で読み上げてくれて・・・・ただ、お悔やみを言っていただけではなくて、「ここNZで幸せにがんばってるから・・」という、報告文をつけてくれたと妹から聞いて、泣けました。
普段は、クソジジーなのにね・・。
ありがとうお父さん。

おばちゃん(おじいちゃんの奥さん、母の叔母です。)は、家の母にとって、第二の母のような存在ということもあり、通夜から泊まりでお手伝いにいっていました。
おばちゃん、疲れてるはずなのにどうも眠れなかったらしく、家の母と朝までおじいちゃんの思い出話をしていたそうなんです。
口うるさい年下のおばちゃんと、笑顔でいつもみんなを見守っていたやさしいおじいちゃん・・・・。
葬儀の日の朝、もう体のあるおじいちゃんと最後の日の朝、80才近いおばさん・・・・母にこう語ったそうです。

「あたしは、心から本当にずっと、この人七郎さんを愛していた。」

って・・・・・・
結婚して60年連れ添って、最後に枕元でこんなお別れの言葉・・・・
こんな素敵なことって・・・・

泣けた・・・・何もかも・・・・なんか泣けた。
おばちゃん、おばちゃんも長生きしてね!
そして、今年絶対会おうね!
子供たちの顔見てね。
[PR]
by mummy71 | 2009-07-21 09:51 | 泣きたい人用