やはり賛否両論、結局偽善なんだろうか?

昨日おとといとNZの学校事情を書きましたが、やはりいろいろな意見があるものですね。

おとといの、歯磨きをしていない子の学校が支給した歯ブラシ&歯磨き粉。
コレに対して、そのクラスの担任はそういうことをしてくれる先生でも、隣のクラスにも同じ状況の子がいてもやってくれない先生だったら???
そして、それを聞いた他の子の親によっては、「じゃー家の子にもなんで買い与えてくれないの?」というのも出てくるかも。
もしかしたら、その子自体が「こうやって甘えたらみんなが同情して何かしら買い与えてくれる」と、ずるくなってくるかも。

学校が、公的機関に連絡して親子を引き離す事も出来るが、果たしてそれがその子にとって本当によいことか?
子供にとってはどんな親でも離れたくないのかもしれない。
逆に、恨みを買うことになるかもしれない?

結局は、一人の子にそういうことをしたら学校はいけない所なんではないか?!
という、ことを言われた。

見てみぬ振りをしても、その子にかかわらないと思っていても、やはり自分も家族も公共の場に出ないということはないから、そこでどうやってそういう子にかかわりをもってくるかわからない。

例えば、秋葉原の乱殺事件だって、そういうことに関わらないで生きてきた人が、ある日突然襲われる。
だから、そういう子をしっかり見てなんとかしてあげようと、みんなが意識を持てば変わっていくんでは?
他人事ではない。
加害者じゃなければいい。ってもんでもないし・・・

はぁー

深いため息。
やっぱり難しいよ。
頭の悪いあたしには・・・・
堂堂巡りだ(涙

そして、昨日のサンブロックの件も・・・

学校によっては、ガン協会に登録しているが、やはり募金のお願いがくるそうで、ある学校のお母さんはキャンサーソサエティーに、学校を通して年間$200払ってるそうだ。
なぜ、学校が登録していないのか理由もあるのかもしれない。
そして、あたしがしたことによって、果たしてそれがすべてよい結果につながるのだろうか?
余計な事をと思われる事だってあるのでは?
人によっては、学校に払うFeeだけでいっぱいいっぱいのはず・・・

その学校が、自分に合わなかったら自分が移動するしかないんでは?

一人の力で、何かを変えようとは到底無理な事。
ならば、筋道を通し、PTAにでも入ってから活動を・・・

はぁー

深いため息。
結局は、あたしは偽善者なんだろうかね。
[PR]
by mummy71 | 2010-03-05 12:13 | ニュージーランド