無犯罪証明書

と言うものが、あるんですよ。
ある意味、犯罪してる人には、「犯罪証明書」でもある爆弾的存在。

かれこれ、15年前元旦那と結婚した後に、永住権を取る関係で、「無犯罪証明書」が必要でした。
(もちろん今もですが・・・)
自分の情報ですけど、開封して出してはいけないという、警察から移民局へのパンドラの手紙。
まー普通焦る必要も何もないんですけど・・・

今、こんな上品で物静かなあたくしからは考えられないと思いますが・・・・
高校生の頃、結構悪さしておりました。(笑
尾崎豊の歌のような・・・・・ププ・・

で、ある日、万引きで捕まったんです。
それも、「お前のほうがやばいんじゃないか?」って思うような金髪ヤンキー姉ちゃんが、おとり警備員で・・
一緒にやっていた友人は、逃げちゃったんですけど、あたしはトロいからしっかり捕まりました。(笑

事務所に連れて行かれ・・・

「人のものを獲るのは悪いことって知らないのか!」
「金を持ってるくせになぜやった?」

とか、ありきたりの台詞を言われたもんです。
バイトしていたので、お金は結構もってたんだよなー。
(もちろん、ウチの学校、バイト禁止でした!!)
あの時も、1万円は財布に入ってたし・・・(なぜか財布の中身をすごい覚えてる)

当時、かなり「ぐれて」いたので(いまどきこんな言葉使わない!!)
「知ってるけど・・だから?」
くらいの態度を取ってました。

「一緒にいた友人の名前を言わないと警察に連れて行く!」

と、散々言われた挙句、結局無言。
そしたら、本当に警察に連れて行かれちゃいました。

でも、多分、名前を言ってしまって、3年間いじめに合うくらいなら・・・と、計算高いところもあったんだろうな。

警察にいったら、万引きくらいなら、怒られて終わりだろう
・・・と、思いきや「甘い!!!」
10本の指の指紋をしっかり取られていろいろ調書を取られて、16歳にてしっかり犯罪者。(汗
さすがに、びびった・・・。
それから、万引きはピタリととまりましたけど・・・

もちろん、家にも連絡されて母が着の身着のままやってきて、警察の方々とお店の方々に平謝り。
それを、白々と見てるあたし・・・
すごいかっこでこられて「恥ずかしい!」という思いしかなかったな・・・。

まーそんな過去があったので、かなり不安。
帰国して、いろいろな手続きや必要書類をそろえていたのですけど、それがいつもどこかでひっかかっていました。
警察から、「無犯罪証明書」の出来上がりの連絡を受けて、取りに行きましたが、足取り重!!!
窓口で
「これって開封したら駄目なんですよね?」
と、聞いたら
「無効になってしまうので駄目です。」
と・・・・
ちょっと、不安な顔をしていたら・・・
「何か思い当たることあるの?」
と、婦警さんにやさしく聞かれました。
「実は・・・・16歳のときに・・万引きで・・・」
と、話したら・・笑いながら・・・
「18歳未満にしたことは、よっぽどじゃなかったら書かれないから大丈夫よ!」って・・

よかったーーーーー!

ということで、無事晴れてビザ申請。
でも、その間しばらく不安で、過去のことを後悔しました。
やっぱり、つけはしっかり回ってきましたね~。
あの頃、まったく反省してなかったけど、それから約10年後にこんなに深く反省することになるとは・・

悪いことはしちゃ駄目よね!!
[PR]
by mummy71 | 2010-06-17 06:55 |