第六感

あたし、人より少々第六感が研ぎ澄まされていると、昔、占い師に言われました。
「訓練すれば占い師になれるわよ」
って・・・

たまにだけど、「あ・・来る。」って思うときあるんだよね。
あと、虫の知らせは結構あるほうです。

大昔、友達とトランプでババ抜きをしていた時に、一瞬カードが透けて見えてそのカードを当てたことがあります。
あの時みんな信じてくれなかったけど、本当に本当に一瞬見えたんだよ!
これと第六感はちょっと違うかもしれないけどね。

実はこの間、向こうの両親に呼ばれて、彼らの家のパーティーに出席したとき(ほんの1時間ほどで帰宅しましたが・・)3年ぶりくらいに会う顔ぶれがやってきました。
やはり、あのくらいの年になると西洋人の「ふける」速度早いですね~(笑

しかし、その中であたしの大好きなおばちゃんは、変わらずにかわいかったです。
この3年でいろいろあったらしく、旦那の浮気が発覚して別居。という話を聞いてましたが、相変わらず明るくてかわいらしい!
フッと横を見ると・・・

「あれ?旦那と同伴?」

そう、旦那と来ていてちょっとびっくり。
なんでも、去年、倒産して財産を失くしそして、体調もあまりよくなく奥さんの元にもどったとか・・・。
なんちゅ~男。
しかし、なぜか、彼だけ若々しく見えた。

その日、帰宅してから彼に

「ね~ね~ジュリアンって、別れたんじゃなかったの?病気じゃないの?」
「俺もそう思ってたんだけどね~」
「なんかさ・・・会った時感じたんだけど、「命のともし火の最後のあがき」って感じしたよ。長くないんじゃない彼。病名何?」
「知らない~。分からないらしいよ・・・。」

と、言う縁起でもない会話をしておりました。

で、この間、向こうのお母さんに会ったら・・

「ジュリアンね~肺がんが見つかって早くて2ヶ月、もっても年内って宣告されたのよ。昨日・・・」

と・・・

思わず「やっぱりね~」と、つぶやいてしまいました。


昔、18歳のときに久々に会った友人を見て、「こいつもうすぐ死ぬんじゃないか?」と思ったら、1週間後に彼亡くなりました。
ま~これは、彼自身もそのとき「俺、やばいんだよね~」って、言ってたけどね。

母方の祖母も、亡くなるちょうど10日ほど前に会ってるんです。
長野で千葉からは遠かったけど、「今会わなかったら会えないんでは?」と、いう風に一瞬思い、計画して旅行がてら長野に行ったんです。
結果、旅行は中止で祖母の看病で終ったんですけど・・・・・。
といっても、重い病気と言うほどではなかったけど、ボケが入っていたので入院中でした。
あたしが帰った後、祖母は自宅に帰宅したのですが・・・
その約10日後くらいに息を引き取りました。


今回のことで今までさほど意識していなかったけど、あたしってこういうことあったな~
って、いろいろ思い出しちゃいました。

「占い師」ふ~~む。考えてみようかな。
この先何がやりたいかわからないで迷っていたので、易の勉強でもして占い師になろうかな。
[PR]
by mummy71 | 2010-08-17 09:51 |