M7.1 クライストチャーチ地震 その後

暴風になるという予想もはずれ、確かに強風でしたがそれほど酷くもなく、それなりに眠れた夜でした。
とはいえ、屋根にある崩れた煙突の残りのレンガがいくつか落ちて、何度か大きな音に起こされました。

余震はたまに来てましたが、朝方、大きめな余震が1度。

しかし、街はまだ封鎖されていて入れません。

学校は、水曜までとりあえず休み。

彼の仕事も、ビルのインスペクションのためとりあえず今日は休み。

お水は出ますが、必ず沸かして飲むように注意が出てます。
そして、トイレは流さないように!と・・・




NEWSを見ていてつくづく思うのが、朝の4時半過ぎでよかった。
特に、被害が多い街の中心「マンチェスターSt.」は、週末は若い人たちでごったがえします。
ナイトクラブが多い通り。
これが、12時、1時だったら・・・
若者の死亡者がすごかっただろう。
と、思います。


そして、ここクライストチャーチはレンガ作りの古いお家や教会が多い。
歴史的建築物のほとんどがダメージを受けてます。
悲しい話です。


クライストチャーチは、ほとんどの家がガスではなく電気で全て生活してるので、火災も起きず2次災害も少なく本当よかった。

だいたい、この大きさの地震で負傷者2人だけというのが奇跡です。
震度6強ですよ!!!!!
死亡者が出てないので、日本のNEWSではそれほど取り上げられなかったんでしょうけど。




友人に、郊外に住んでる人がいます。


その友人の話ですが、地震が来る前にものすごい大きな表現できないような音がしたそうです。

何?今のは・・??

と、思ったら大きな地震が来たそうです。
今も余震が来る前に、地の底からの叫びのような音がなってから揺れるそうです。


「今まで聴いたことないすごい音なの。説明ができない。凄い怖いよ。」


街中に住んでるあたしには、わからないけどそんな音聞いたら寝れなさそう。



子供たちは、昼間はまだいいのですが、夜は、怖くてあたしたちの側から離れません。
トイレにはもちろん一人では行けない状態です。(次男は昼間でも駄目)
ちょっとでも、ドアがきしむような音がすると「地震!」と、飛び上がってます。
しばらく、しょうがないですよね。
あたしだって、そうですから・・・・(トイレは行けますけどね!)


あたしたちの住んでるエリアは、結構被害が酷かったエリアです。
水脈が通っているので、やはり地盤が緩いのでしょう。
海の側の河口に住む友人の家は、前後横に亀裂が入り10cmほど隙間が開いて、家もかなりダメージを受けてるそうです。
ここも、水の側なので地盤が緩いんでしょう。


今回本当に思ったのですけど、埋立地や水の側は住む物ではないですね。
やはり、森林の近くや、昔からの内陸部の方がいいような気がします。


今回、今も水が出ない地域があるそうです。
そうかと思うと、地震の後も電気も水道も全然OKだった地域もあります。
同じ街でここまで違うとびっくりしますよね。


しかし、本当怖かった。




最後に、大変私事ですが・・・・
先週の土曜の昼から、久々のメンバーでの初昼飲みがありものすごく楽しみにして、この1ヶ月過ごしてきました。準備も万端!全て整っていたんです。
それが、この地震で中止。

非常識ですが、「なんで、せめてあと一日まってくれなかったんだ!!!!」と、とっても残念に思いました。

自然にはかなわないね。
[PR]
by mummy71 | 2010-09-06 06:16 | ニュージーランド