余震続く

昨晩は、余震が多く、そして大きくあまり眠れませんでした。
なんとなくですが、大きな余震が来る前になると目が覚めて「あ・・来る!」と、思って身構えてました。
これが結構当たっていて自分でもびっくり!(3分くらい前に気づくんですよ!!!)

5歳と6歳の息子たちも、起きては怖がり起きては怖がり・・・・。
通常通りに戻して、子供たちを自分たちのベットルームで寝かせたのですが、結局、あたしと彼は子供たちのベットルームで一緒に寝ました。

大きな地震が起こった後、余震が続くのはわかっていたのですが、精神的にきついです。

子供たちのことを考えると、やはり自分の視野に入ってないとあたしも不安になります。
家族がいつも一緒じゃないと不安です。
特に、暗くなると恐怖心が出てきます。

地震って、被害は建物やライフラインだけではなく、人の精神にも出ますね。

早く、余震が収まってくれるといいな。


今朝、友人からメールが来て、彼女の家は今だ水も電気も通ってなく、完全にストリートがシャットダウン状態だそうです。
亀裂が入りそこから泥があふれ出し・・・大変な地域です。
今は、旦那の実家に非難してるそうです。
彼女が、日曜に街に出たときに、カジノもオープンしていて、ジムもオープンしていて人によっては、普通にそういうところに行っている人たちがいるのをを見て、悲しくなったと言ってました。


今回の地震、本当にエリアによって被害が全然違うんですよね。
酷い人たちにしたら、「ナゼ?」って思う気持ちわかります。


所で、昨日長男の友人(6歳、ニュージーランド人)から電話があってスピーカーにして2人が話してました。

「地震怖かった?」

と長男が聞いたら

「全然!クール!だよ」

思わず愕然としてしまいました。
そこの母親と話したのですが、大きな揺れの後、電気が使えなくなったので、キャンドルをたくさんともして家族で室内キャンプ状態だったそうです。
子供たちは大喜びで楽しんでいた。と・・・


まず、余震が続いている中、キャンドルなんてもってのほかです!
大きな地震が来て倒れたら、火災の原因になる。


本当に地震に対して知識がないですよね。

あと、子供ですが・・・これは、きっといろんな意見があると思います。
小さいから、恐怖心を植え込みたくないからと、言う人がほとんどなんでしょうか?

ウチは、子供たちに「地震は怖い!自然は怖いの!」と、教えました。

ただ、「マミーとダディーのいう事をちゃんと聞いて行動すれば大丈夫よ!地震が来たらすぐにダディーかマミーの所に来なさい!学校だったら、すぐに机にもぐりなさい!」と・・・
今回は、これで済んだけど、たくさんの人が亡くなることもあるから本当にラッキーだった。
楽しいことではありません!と、真実を伝えたんですけど・・・。
ウチの子供たちは、地震を怖がってます。
学校に行って万が一「怖くないよ!」と、笑われるようなことがあったらマミーにいいなさい!と言ってあります。
だって、地震は怖いものだもん。
なめてはいけないものですよ!!

友人の旦那様(ニュージーランド人)は、地震のあった日の夜、暖を取ろうと暖炉を起こそうとして、友人(日本人)が
「何をしてるの?まだ余震が続いてるのよ!火は絶対だめ!」
と、止めたそうです。


本当、今回、死亡者もいなく2次災害もなく、地震の規模を考えたら奇跡というくらい軽く済んでいるのですが、普通こんなもんでは済みませんから!!!
今回は、本当にラッキーだったんですよ!!!
普段の備えもなく、知識もなくこれで済んだ。
ただの、運です!
だから、思い上がってはいけないと、あたしは思ってます。
[PR]
by mummy71 | 2010-09-07 06:58 | ニュージーランド