離婚から10年

昨晩、元旦那から電話があった。

彼もまだ、ココ、クライストチャーチにいる。
まぁ~生まれも育ちもココだから当たり前のことだが・・・・。

「地震大丈夫だった?」

彼自身、今回の地震を経験して一瞬走馬灯が走ったらしい。
こうして、過去の友人や元奥さん(あたし)に電話をして安否を確認しているらしい。

しかし、相変わらずだわ。

「また、大きな地震が来たらどうするんだ?こない保障はあるのか?」

などなど・・・

しまいには

「また、大きな地震がココにくるといわれてる。世界はもうすぐ破滅する」

と言い出した。

「は?専門家がそんな事言ってるの?」

「いや・・ブログで・・・」

「そんなの読む暇あったら、専門家のHPでも読んで地震について勉強したら?」


変わってない・・・
本当、こいつ・・


肝っ玉が小さい


びびりまくりの奴。

彼の実家も被害が出たようで大変だったらしい。
いいご両親なので胸が痛む。

彼の家族の近況報告を聞いてみた。

あたしの大嫌いだった女ったらしのアジアンフリークの兄貴は、いまでは某航空会社の「国際線キャプテンパイロット」になっている。
男として本当最低だったけど、人間として、彼のあの自分の夢を追う姿には脱帽だ。

初めてあったときは、まだプライベートの飛行機の免許しか持っていなかった彼。
しかし、彼は子供の時からの夢「キャプテン」を、ずっとずっと追い続けていた。

本当にすごい!!

ちなみにブロンドの11歳年下の子と只今婚約中だそうだ。



わがままの末っ子の妹は、この近所に家を買ってフィアンセと仲良く暮らしている。



そして、等の本人、元旦那は韓国人の彼女と婚約中。


そんな彼から出た言葉。


「僕の人生の中で一番成功して輝いていたのは、君との日本での結婚生活だった。あの時は若くて大切さに気がつかなかった。そして、君は本当に素晴らしい女性だと今も思う。」


地震で死にそうになって、いろいろ過去を振り返り考えていたそうだ。

離婚して10年。
あの男に酷い思いをさせられ、裸で蹴り出されてから10年。

「あたしは、あなたに感謝してるわ。あなたがあたしをあんな風に扱って蹴り出さなかったら、あたしは今の彼に会うことも子供たちと出会うこともなかったわ!そう、こんなに最高な幸せを手に入れること出来なかったわ!!」




そして、若くても責任感があって家族もあたしも深く愛してくれている彼の自慢とあたしの今の幸せを説くと聞かせてやりました。


あ~そう・・そうなのよ・・・元旦那!あんたのね・・



逃がした魚は大きかった・・・



いえいえ・・・




逃がした魚は、魚じゃないのよ・・・人魚だったの!!


By.かよちゃん名言集

ほっほっほっほ~~
[PR]
by mummy71 | 2010-09-15 14:17 |