友達

妹から送ってもらったものを引用いたします。
ニーチュ・・・哲学者らしい・・・。
思わずうなずいて感動すら覚えてしまった・・・。


「友人をつくる方法」
共に苦しむのではない。ともに喜ぶのだ。
そうすれば友人が作れる。
しかし、嫉妬とうぬぼれは、友人をなくしてしまうからご注意を。


「友人と話そう」
友人と沢山話そう。いろんなことを話そう。
それは単なるお喋りではない。
自分の話したことは、自分が信じたいと思っている
具体的な事柄なのだ。
腹を割って友人と話すことで、自分が何をどう考えているのか
はっきりと見えてくる。
また、その人を自分の友人とすることは、自分がその友人の中に
尊敬すべきもの、人間として何らかの憧れを抱いているということだ。
それゆえ、友人を持ち、互いに話し合い、互いに尊敬していくのは、
人間が高まるうえでとても大切なことだと言える。


「四つの徳を持て」
自分自身と友人に対しては、いつも誠実であれ。
敵に対しては勇気を持て。
敗者に対しては、寛容さを持て。
その他あらゆる場合については、常に礼儀を保て。


「親友関係が成り立つとき」
互いに親友であるとき、次のような関係が保たれていると言える。
相手を自分よりも敬重している。
相手を愛しているのは当然だが、しかしその度合いは
自分を愛するほどではない。
相手との交際においては、親密さと柔らかさを少なくとも
装っている。
けれども、抜き差しならぬ親密さにおちいる手前でとどまっている。
また、相手と自分を混同せず、互いの違いをよく心得ている。


「信頼関係があればベタベタしなくてよい」
いかにも親密げな態度を示してくる。
また、いろいろなことにかこつけて相手との親密さを
得ようとしたり、必要以上の連絡をしょっちゅうしてくるような人は
相手の信頼を得ているかどうかにまったく自信がないことを
あらわにしている。
すでに信頼しあっているのならば、親密な感じに頼らないものだ。
他人からすれば、むしろそっけないつきあいのように見える場合が多い。


「自分を成長させる交際を求める」
若い人が傲慢でうぬぼれているのは、まだ何物にもなっていないくせに、
いかにもひとかどの者のように見せたがっている同程度の連中と
仲間になっているからだ。
その甘い錯覚の中で、いい気分になり、若き日の時間を浪費するのは
あまりに大きな損失だ。
できるだけ早く、本当の実力によって昇ってきた人間、
功労の人間を見つけて交際すべきだ。
すると、今までの自己満足的なうぬぼれや内容のない粋がりや見栄、
傲慢などたちまちにして消え失せ、自分として今は何をすべきかようやく
見えてくるはずだ。


「土足で入る人とは付き合わない」
親しくなれば相手の私事に立ち入ってもかまわないと考えているような
信頼の人間とは、決して付き合わないことだ。
そういう人は、家族のような付き合いと称しながら、結局は相手を自分の
支配下に置きたがっているだけなのだ。
友人関係の場合でも、互いを混同しないような気遣いと配慮は大切だ。
そうしないと友達でいることも出来なくなる。


「必要な鈍さ」
いつも敏感で鋭くある必要はない。
特に人との交わりにおいては、相手の何らかの行為や考えの動向を見抜いても
知らぬふうでいるような、一種の偽りのような鈍さが必要だ。
また、言葉を出来るだけ好意的に解釈することだ。
そして相手を大切な人として扱う。
しかし、こちらが気を使っているふうには決して見せない。
相手よりも鈍い感じでいる。
これらは社交のコツであるし、人へのいたわりともなる。


「同類からのみ理解される」
自分を称賛してくれるのは、自分と似たり寄ったりの人々だ。
自分もまた、自分と似たり寄ったりの人を称賛するものだ。
自分と同類の人間でないと、理解できないし、よしあしもよくわからない。
また、自分とどこかで似ている相手を称賛することで、
何だか自分も認められたような気になる。
つまり、人間にはそれぞれのレベルというものがある。
そのレベルの中で、理解や称賛、迂回した形での自己の認め合いが
行われているというわけだ。


「友情の才能が良い結婚を呼ぶ」
子供というものは、人間関係を商売や利害関係や恋愛から
始めたりなんかしない。まずは友達関係からだ。
楽しく遊んだり、喧嘩したり、慰めあったり、競争したり、互いに案じたり、
いろんなことが二人の間に友情というものを作る。
そして、互いに友達になる。
離れていても友達でなくなることはない。
良い友達関係を築いて続けていくことは、とってもたいせつだ。
というのも、友情関係や友情は、他の人間との関係に基礎となるからだ。
こうして良い友達関係は、良い結婚を続けていく基礎にもなるからだ。
何故ならば結婚生活は、男女の特別な人間関係でありながらも
その土台には友情を育てるという才能がどうしても必要になるからだ。
したがって良い結婚になるかどうかを環境や相手のせいにしたりするのは、
自分の責任を忘れた全くの勘違いとなる。
[PR]
by mummy71 | 2011-02-19 07:49 |