災害時のチェーンメール

最近、ブログを書く気になりませんでした。
いろんなことが心配で・・・・。



さて、この間、友人からの転送メールが来ました。
それを読んでびっくりして、友達に転送して日記にも書きました。


が、今、流行?のチェーンメール?らしいということでした。
あくまでも、あたしはらしいで、まだ、その内容は灰色のような気がします。

ま~それはともかく・・・。

様様な反応をいただきました。



一般的には、チェーンメールを回すやつはろくでもない的な反応が多いです。



しかし、そのメールを回した人にしてみたら、いたずらにパニックを起こそうとしてるのではなく、本当だったら知ってほしいという人もいるはずです。
もちろん、パニックになって送ってる人もいるはず・・・

そして、そういう人もまさに今、不安をかかえてる被災者でもあるわけです。


それに対して、「謝罪しろ」「すぐに消せ!」「何を考えてるんだ!」と、知らない人達に言われたらどうでしょうか??
ただでさえ、心が萎えてしまって疲れてるのに・・・・
自分を否定されるというのは、普通のときでもやはり落ち込みます。


ならば、「そういう話が出てるのか・・・。ちょっといろいろ調べてみるね!」で、いいと思います。
そして、「やっぱり違うみたいだよ!みんなに教えてあげて安心させてあげて!」で、いいんじゃないですか?


今この状態でパニックにならない人の方が少ないと思います。
だから、パニックになってない人は、なった人の心のケアをしてあげるべきなのでは?


今、お互いに人を思いやる気持ちがまさに大切な時です。



ちなみに赤十字で、教えてもらいました。
被災地での被災者への心のケアーは、3T。


Tears 涙
Talk  会話
Time  時間


涙を流して感情を出してしまうこと。
いっぱいおしゃべりをして、心の中にあるものを出してしまうこと。
そして、あとは時間を待つこと。



チェーンメールも、ひとつのTalkなのかもしれませんから、否定しないで受け止めてあげて、真実ではないことを相手に上手に伝えてあげましょうよ。


悪気があって送ってる人ってこの状態では、少ないと思いますよ。
とくに、それがあなたの友人で、あなたに余裕があるならば、そうしてあげてください。
それが出来ないのであれば、黙っていればいいと思います。そして、そのメールは自分の所でとどめればいいのですから・・・。



しかし、ああいうメールを最初に作る人ってどんな人なんだろうか・・・。
[PR]
by mummy71 | 2011-03-19 06:04 |