依頼は突然やってくる

さて、息子の誕生日の話を書きましたが・・・。

あの日、お腹もいっぱい、バブリーを飲んでおしゃべりを楽しんでいる最中の4時半過ぎに携帯電話がなりました。

ん?うちのボスから??


もしもし・・・・と出ると(Hello、ですけど)

震える声のウチのボス。

「どうしよう・・・代行で頼んだTさんが来てないの・・・」


・・・・・・・



えええええ!!!!



クラス始まるの4時半からですが・・・



すぎてるし~~~(-_-;)


「わかった・・・とにかく、行ってみる。」

「ありがとう!ダブルで払うから!」

「いやいや・・・クラス出来るかどうかわかりませんから・・・最終判断はあたしに任せてください。」


ということで電話を切りました。


とにかくすぐに支度をして、「ごめん!マミーちょっと行ってきてもいい?」ってことで家を後にしました。

とりあえず、20人いってなかったら次のクラスのフリーチケット渡して謝ろうと思ってました。


だってね・・・
あたしの腹には、マック=ジャンクフードいっぱいなんですよ!!!
踊ったら・・・出ちゃうよ(-_-;)


そして、ホールに着いて急いで中に入ると・・・



ゲッ(-_-;)


30人以上いるじゃん・・・・・



それも、拍手でお出迎え・・・


ええええええ!!!!!!!


やらねばならぬ(-_-;)



プレイリストも出来てない、よく見たらアイポットのバッテリーが切れそう(-_-;)


そんなワタワタしてる中、クラスのレギュラーの人が一曲ウォームアップをとってくれました。

これで、3分ちょっと時間が出来たわけで・・・
その間に頑張ってプレイリストも作り心の準備もいたしました。


さて、クラスの始まり!

「皆さん~はじめに謝っておきます。あたし、息子の誕生日パーティーの最中に抜けてきたもんで・・・喉元までお腹いっぱいです。それもマクドナルドで・・・(-_-;)前列の方~何もないことを祈っていてください(笑)」


とりあえず、バッチリ笑いをとったところで・・・さて、スタート。


げ!

メチャメチャ苦しい(-_-;)


ポテトが・・上に上がります~~~下にさがります~~~

お前はエレベーターガールか!



でも、始まった時間が遅かったのでクラス的にはいつもより10分遅く、そして、ウォームアップとともに2曲とってもらったので、なんとか、前列の方々に迷惑をかけずにクラスを無事終えることができました。


後日、友人から、びっくりするほど尋常じゃない汗かいてましたね。すごいテカテカ光ってました♫
と、言われましたが・・・
何度も喉元を行き来するマックに油汗をかいてました(笑)
そりゃ~~~テカテカにもなるわ!!!


そして、地元の生徒さんからも後日・・もう、リカバーしたかしら?ウフフ・・・ああ・・苦しそうだな。上がってきてるなって思って見てたわよ(笑)って、笑って言われました。


ええええ~~~あれでも懸命に隠してたのに~~~(-_-;)


ちなみに、穴を開けてしまったインストラクターは、早朝から働いていて(本業)仮眠してから行くはずが、本寝してしまったらしいです。

そう、寝過ごしたってヤツ・・・


まったく・・・
[PR]
by mummy71 | 2012-08-06 21:01 |