さようなら、そして、ありがとう。

こうして、マイホームを購入したボウボウワファミリーですが・・

実は、子供たち・・・あたしたちと1年近くもOpenHomeを回っていて後半は、もう面倒で車の中であたしたちが見てる間待っている日々が続いてました。
なので、学校から帰宅した子供たちに「おうち買ったよ!」と、いってもどのお家かさっぱり(笑)

引き渡された時が、サプライズ!て感じです(笑)

持ち主の人が2週間後に海外に引っ越すということもあり、そこからはバタバタ。
ストレスの毎日・・( -.-) =зフウー

まさか、買えると思ってなかったこともあって心も金も準備不万端。
いや~~本当、こういうことって突然起こったりするものなのでいろいろ準備しておきましょう。
(これに関しては後日Tipなど書かせていただきます)

鍵も無事いただき、引越し。

いざ、引っ越しとなった瞬間さみしく切ない思い。

だって、あのフラットで9年間家族が一緒に暮らしてきたんだもん・・・。
もしかしたら、家族4人で住む期間って新しい家よりもこのフラットの方が長いということになるかもしれない。

考えてみると、引っ越してきたのは二男を妊娠中。

このフラットには、子供たちとのたくさんの思い出。

そう思ったら庭の草・木・ガレージ・窓・・・すべてに思い出が・・・

切ない。
"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック

泣けてきた。


ラッキーなことに引っ越しの週末は3連休。
大きなものはほとんど初日で運ばれて行き・・。

乱雑・空虚となるフラット・・・

新しい家で最低生活できるだけのものは、運び込んだ。
でも・・・


「最後にもう一晩ここで過ごそう!」

と、いうわけで、思い出のたくさんつまったLivingに持っていた簡易マットレスをひきつめ家族全員で思い出を語り笑いながら就寝しました。

ありがとう。
とっても住み心地がよかったよ。
地震のときも家族を守ってくれてありがとう。
素敵な思い出をたくさん作ってくれてありがとう。
たくさんの笑顔をこの家族に与えてくれてありがとう。

そして、さようなら・・・・・

こうして、最後の夜を過ごしました。



c0105680_11363770.jpg

[PR]
by mummy71 | 2013-06-21 11:36 | ニュージーランド