久々にはまったドラマ・・半沢直樹

はじめまして、ボウボウワと申します。
と、言うくらい間が空いてしまった更新ですが・・・それに、TVドラマの話題か!って感じです。w

いや~~だって~~久々にマジではまったドラマだったんだもん!

最終回、なんとなく妻のあの「出向したっていいじゃない!外から銀行を見るのも・・・」のセリフで「これ、出向か?」って予感してましたw

最後があまりにも現実味ありすぎてなんだか、がっかりしちゃいました。
せめて、ドラマや映画くらい夢の世界に連れていってくれよって思います。w
でも、今の世の中、逆にその夢の世界が現実だと思ってしまって、やらかす奴らが多いので出来ないのかもな~。


正義は、勝つとは限らない訳ですよね。
正義は、正しいのか・間違いなのかって白黒つけるならば、間違ってはいないのだろうけど、正論に押しつぶされてしまうのが現実。
人はやはり弱いものですから、間違ったこともしてしまいます。
それに対して反省してステップを上がって行くのが一番いいのですけど、精神的に反省する=自分のしたことを否定するとはかなりしんどいことです。
年と共に、つくづく身をもってこれが分かってきました。
それを、他人からヤンヤヤンヤと言われたらますますシンドいしウザイ!

だから、人って年を取ると頑固になって自分を曲げないのでしょうね。
若いときのように体力がないので、精神的においつめられると体も心もしんどいのですよ。
昔はあたしも長いものに巻かれろなんて大嫌いだったし、白黒はっきりさせたかったし、正しいものは正しいと思ってました。

しかし、最近はとにかくしんどい!体力の限界を感じます。
そうなると、一言で言えば「そんなもんど~~でもいいわ!」っていう精神になってくるんですw
人との意見の対立も、人それぞれ価値観も違えば好き嫌いも違うこの人と何言っても平行線だなと思ったらもう何も言いません。
そして、向こうから何か言ってきたりしない限りこちらから労力を使って付き合っていこうなんてチャレンジ精神なくなってきました。

しかし、起きたこと全てに対して
「ここから何を学べということなのか?今回のあたしの反省点は?相手はあたしには想像できない見方をしていたがそれは何から出てきたことなのか?」
と、考えるようになりました。
腹が立つことも悲しいことも一歩引いて考えるという癖を付けてる最中です。
それでも、元々血の気が多いのでゴジラのようにあばれまわりたくなることも多々。w
しか~~~し、ただいまお仕事が週に5日入ってるせいもあって体力的に無理!無理なんですよ!!!

いいことなのか悪いことなのか??w

半沢直樹もそうですが、人というのは共通の敵というものがあると、それぞれ違う本質を持った人間でも一体になって盛り上がるものです。
半沢直樹の場合は、正義もありましたが彼個人の復讐というネガティブな部分もありました。この綺麗所だけじゃないところに、自然に人間って惹かれるものがあるような気がします。
これが、ただの正義だけならどこかしらけてしまうんですよね・・協力する方も・・。
大和田常務に対しては、はじめは半沢直樹に対しての興味(ネガティブの部分がお互いを知らないうちに呼び合ったんでしょうね~)と、そして、知れば知るほど彼への嫉妬・・・それに対して彼の持っていない勢力を振りかざし制圧する方法に出る。

実に面白い。
人間の心理を上手に描いているこのドラマ。みながハマるのが分かります。

あたしもタダイマ、KIWIとの人間ドラマの真っただ中です。
今までのあたしなら、きっとかなり精神的にしんどかったのが結構強くなったもんだ。
この数年で、色んな事を学んだよ。

あと、一歩なんだな~。
何がおこっても揺らぎない自分を作るまで・・あと、一歩!

また、ボチボチ更新していきますので、皆様よろしく。
[PR]
by mummy71 | 2013-09-24 11:01 | TV・本