信頼と期待の子育て

信頼して育てた子供は、自分に自信があり自分が好きです。
期待だらけで育てた子供は、周りの目を気にしてほめてもらうことに一生懸命です。

期待をする前に信頼をしましょう。
自分の子供なら大丈夫と信頼してやらせてみるのと自分の子供ならできるにきまってると期待してやらせるのとでは、結果が出た時の対応が違うでしょう。


期待は裏切られると怒りになります。
信頼は裏切られてと残念に思います。

怒りは人に向けてだけど残念に思う気持ちは自分に向けてです。

子供は信頼されてその上の期待なら楽しく頑張ります。
期待だけならやらなければと義務に縛られます。

手をかけずに目をかける。
信頼して手を出さずに見守りましょう。
子供の変化を知るためにいつも見ていることは大切です。

子供を信頼できずに、先に手を出しては期待通りに育たない。
期待をするなら信頼も!

子供は親を無条件に信頼してます。
信頼は片側通行では上手に通いません。
親も子供を無条件に信頼してみましょう。
[PR]
by mummy71 | 2015-03-16 20:22 |