幼稚園入園♪

昨日とうとう、うちの長男が幼稚園に入園した。
心配をよそに、幼稚園に入った瞬間かばんを私に預けどこかへと消えてしまった。

初日は、母親同伴の日だ。下の子も一緒に幼稚園で遊ばせてもらえる。
先生が、いろいろ私に幼稚園の中のことを説明してくれる。そして、何枚かのフォームにサインをする。その間も息子二人は行方不明・・・
まったく・・・初日の緊張感っていうのはないのかねー。私だけ??
なんて思ってやっと息子たちを探し始めた・・・
いたいた・・・ちゃっかりとバスのような押し車に他の生徒たちと乗って先生に押してもらっている。もちろん、弟も一緒だ。
そして、中では他の生徒がおやつを食べていたり、粘土で遊んでいたりする。
とにかく、ここの幼稚園は日本と違い、みなやりたいことをやっているのだ。

ふっと気が付くと、息子たちがまたいない・・・どこだと探してみたら、なんと砂場で水遊びをしている。真中に島を作り堀を作り水を流しているのだ。そこを、みんなでジャンプして遊んでいるのだ。気づいたときにはもう頭から足まで泥が跳ねて泥だらけになっていた。もちろん、弟もだ。
あちゃーーーー今までのPreschoolとは違い外の遊具も、砂場もでかい!やることも豪快だ。
私が開いた口がふさがらない状態で泥だらけの子供たちを見ていたら、先生に
‘Welcome to Kindy!'と笑われた。これからは毎回、山のような汚れた服が、袋に詰められうちの長男と共に戻ってくるのかと思うと少々気が重い私だった。

もうすぐお帰りの時間も近づいてきた。息子たちを着替えさせ‘マットタイム’の準備を始める。マットタイムとは、みんなで歌を歌って本を読んで今日の出来事を発表する時間だ。

またまた、ふっと気が付くと息子がいない・・・いったいどこに??
あーーー!!!
息子が、パンツを脱ぎ捨て幼稚園の庭でおしっこをしていた。
普段、家の庭で遊んでいるとき、おしっこをしたいと言う息子に、‘その辺でしちゃって良いよー’と言っている。その癖で、息子は他の園児の前でパンツを脱いで野ションを始めてしまった。
先生に、ひたすら謝る私・・・・
あー恥ずかしい。ちゃんと、これからはトイレに連れて行かなくては・・・

こうして、初日の2時間半は幕を閉じていったのである。

私の心配をよそに、息子は幼稚園がかなり気に入ったようだ。よかったよかった。

だた、少し私には寂しいことがある。今まで、Preschoolでは下の息子と同じ時間に預けていた。仲良く2人でよく遊んでいたようだ。下の息子もお兄ちゃんがいるので安心して遊んでいた。でも、これからは、2人はバラバラに集団生活の中に入っていくのだ。
2人が、Preschoolで仲良く遊んでいる姿を、迎えに行くたびに窓越しからそっと見ていたが、もうその姿をみることはない・・・
私の胸が少しキュンといたんだ。

こうして、子供たちは成長していくのかと思うと今の時間を思い切り楽しまなくてはいけないなと思った日でもあった。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へにほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
[PR]
by mummy71 | 2007-11-09 16:57 | ニュージーランド