子供の頃に信じていたもの

子供とは単純であるし、純粋でもある。
子供の頃、まじないを信じて魔女になるための修行を?していた私だが・・・

あれは6歳の時、小学校から帰宅するときの友達が、私に言った。
‘知ってる?あの壁の穴にお金を入れると増えるんだよ~’
当時良く見る、日本家屋の家の外のコンクリートレンガの塀に模様になった穴があいたところがあった。そこにお金を入れると増えると言うのだ!
もちろん、入れるときにまじないを唱えないといけない。
今はもうどういう言葉か、忘れてしまったが、まじないをとなえて、私は50円を入れた。
そして、次の日見に行ったら、それがなんと100円に変わっていた!
‘本当だ!すごいねー’
と言って、また50円を入れる・・・それを1週間繰り返した。
そして、約1週間後、50円は50円のままで変わらなかった。友達が言うには
‘もう、この魔術はきかなくなったんだよー’と言っていた。
単純に信じてその遊びを止めたが、今考えるときっとあの子が、家に帰ってから100円に置き換えていたに違いない。
自分の小ずかいが、切れてしまいそれ以上できなくなったのだろう。
しかし、なぜいつも50円だったのだろうか??100円を入れたら200円になるはずなのに・・
当時の私には50円の倍くらいしか計算できなかったに違いない。

そして、門限に遅れたときにおこられないまじない。
‘クイックマニマニ’と帰宅する道ずっと唱えると怒られない。
うちの、父はちゃぶ台親父だったので、門限にとても厳しかった。
ちょっとでも遅れると殴られるのだ・・・
もう、遅れたときはこのまじないを、心の底から唱えて帰る。
アラ不思議!?
そういうときに限って父がいなかったり、機嫌が良かったりして怒られないのだ!
うーんこれは単なる偶然か??

もちろん、両思いになるおまじない、テストで100点を取るおまじない、きれいになるおまじない、友達がいっぱいできるおまじない!
たくさんのまじないを唱えたり、儀式をしたりしたものだが、ことごとく失敗した?!

本当、子供のときってとっても純粋なものだ。

しかし・・・いい年して今も実は、魔女になってみたいなーなどとたまに思うこともある。
黒魔術なるものに興味を示してしまう私である。(なぜか白ではなく黒・・・)
そのうち、私が音信普通になったときは、どこか山奥にこもり、魔女になるための修行に出ていることだろう。
そして、みんなの前に、ほうきにまたがり、ある日突然出現するつもりだ!
もちろん美しくて色気のある魔性の女・・魔女になってでてくるつもりなのでご期待ください!

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へにほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ
[PR]
by mummy71 | 2007-11-25 07:57 |