「ほっ」と。キャンペーン

ブスの25箇条

最近巷で噂になっている「ブスの25箇条」。
これ、宝塚発祥らしいです。(笑)
それに対して「イケメンの25箇条」てのもあります(笑)


1.  笑顔がない     いつも笑顔である

2.  お礼を言わない   必ずお礼をする

3.  美味しいと言わない  「おいしい、おいしい」と食べる

4.  精気がない    精気がある

5.  自信がない    自信がある

6.  愚痴をこぼす   何に関しても前向き

7.  希望や信念がない   希望や信念にあふれている
 
8.  いつも周囲が悪いと思っている   いつも周囲のおかげ、と思っている
  
9.  自分がブスであることを知らない     自分を知っている

10. 声が小さくイジケている    声が大きく明朗快活

11. なんでもないことに傷つく    タフである

12. 他人に嫉妬する       比較するのは他人ではなく昨日の自分

13. 目が輝いていない      目がキラキラ輝いている

14. いつも口がへの字の形がしている    いつも口がニコちゃんマークである

15. 責任転嫁がうまい     責任感が強い
 
16. 他人をうらやむ      人は人、自分は自分と考える

17. 悲観的に物事を考える     楽観的・建設的に物事を考える

18. 問題意識を持っていない    問題意識を持っている

19. 他人につくさない      他人に尽くす

20. 他人を信じない      他人を信じる

21. 人生においても仕事においても意欲がない     人生においても仕事においても意欲満々

22. 謙虚さがなく傲慢である     謙虚である

23. 他人のアドバイスや忠告を受け入れない    人のアドバイスや忠告を受け入れる柔軟さがある

24. 自分が最も正しいと信じ込んでいる      自分の意見が完璧ではないことを知っている

25. 存在自体が周囲を暗くする       存在自体が周囲を明るくする


自信をもってあたしはこれだけはと言えるのは10番目!(笑)
声だけはデカイ!(笑)


思うんですけど・・・

人って、20代の時って若くて喧嘩早くて、突っ走って・・・・
30代くらいから、いろいろ立ち止まって考えるようになって・・・・
30代半ばから40代・50代と、人それぞれの方向性が出てくるような気がします。
そして、60代くらいからは、もう墓場に片足を突っ込んでるようなもの・・(笑)
だから、何もかも気にならなくなってくるんでしょうね(笑)


20代~30代前半って、顔がブスでも体系がデブでも、若さという勢いがあるから周りから許されることも多いんですよね。
気持ちの切り替えとかも早いしね!


30代半ばから、それが通らなくなる年齢のような気がします。
経済的にも落ち着いてきて、子供がいる人は子供の手が離れ始めてきたとき、人って過去の経験を積んだプライドって出てくると思います。
このプライドって厄介なものですよ。
人としての可愛げを奪いますから・・・・・。

年を取れば取るほど、可愛げというのが人には大切になってくるものだと思います。
いっくら整形してもボトックス打って若さを保っても、この「可愛げ」がない人にはちっとも魅力を感じないような気がします。

まさにこのブスの25箇条です。

これをいつも肝に置いていれば、可愛げのある年寄りになって、笑って毎日が過ごせるだろうなと思います。


人はいろんな帰路に立って悩んで前に進むと思います。
友人の受け売りですが
「自分で答えは一つと決めてる人には、人生の選択肢はない」
まさにその通り、若いときは沢山の可能性を考えて、無謀に走り失敗したものです(笑)
年と共に、守りに入り、今までの経験から考え、最初から無理と決めつけてしまうことが多くなります。
それでは、自分の人生は広がっていかないでしょうね。


まだまだ、40才若造です!
ブスにならないよう、イケメン修行をしていきたいと思います!
[PR]
by mummy71 | 2012-11-08 11:33 | 勉強になるネタ

本日、朝のZUMBAに行ったら、JBがカメラを片手に来ておりました。
一体何事??
と、思ったら「‘*%$##」となにやら説明。

で・・
さっぱり分からなかった。(笑)

ともかくカメラでクラスの模様を録画してました。


で、最後によく来ているレギュラーの人たちがカメラの前で一言ずつ言ってたので、今日のクラスに来ていたZUMBA友達の日本人の友人と
「日本語で一言入れてくる?!」
と、カメラの前にたちました。


そして、二人で・・

「ZUMBA!!!! JB最高!!」


と、叫んだんですが・・後ろからJBが・・

「え!!!」


って、叫んでいるんです。


え?

何?

ナにさ???



「サイコ?!!!!」


「あたし・・サイコ?」


え!

ギャハハ~~

サイコ=狂った人


「ある意味そうだけど・・・(笑)そうじゃないよ!最高って日本語!!!ベストとか言う意味!」


ってことで、大笑い。

いや~~憧れのJBにサイコは言わないだろう・・・キャハハ


しかし、言語って恐いですね~
[PR]
by mummy71 | 2011-09-21 14:12 | 勉強になるネタ

マザーテレサの言葉

この間、いろんなことに憤っている時に友人からもらったマザーテレサの言葉です。



それは内なる神との間のこと… 人は不合理、非論理、利己的です 気にすることなく人を愛しなさい
あなたが善を行うと利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう気にすることなく善を行いなさい

目的を達しようとするとき邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなくやり遂げなさい

善い行いをしてもおそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなくし続けなさい

あなたの正直さと誠実さとがあなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが壊されるでしょう気にすることなく作り続けなさい

助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく助け続けなさい

あなたの中の最良のものをこの世界に与えなさい
たとえそれが十分でなくても
気にすることなく最良のものをこの世界に与え続けなさい

最後に振り返るとあなたにも分かるはず



泣きました。
タイミングってありますね。
同じ言葉でも、そのときだからこそ響く言葉というものがあります。

そして、そんな言葉を持ってきてくれた友人は、やはり自分にとって人生の中で会うべきして会った友人だと思います。
1度しか会ったことはない友人ですが、この先も長い付き合いになると思っています。


人生、良いことも悪いことも全ての経験が自分の輝かしい人生に繋がるものだと思って、ステップアップしていきたいと思うこの頃です。
その時には、わからなくても必ず意味のあるものだと・・・無駄な経験はないと思ってます。

そう・・・家でゴロゴロと何もしない時間もね・・・フフフ・・♫
[PR]
by mummy71 | 2011-06-01 13:14 | 勉強になるネタ

赤十字

昨日、とっても貴重なお話を伺ってきました。

今回のチャーチの地震で、日本からココにHelpに来ていた赤十字の方が、プライベートで戻ってきていました。
その方と友人と3人で、昨日は半日過ごすことが出来ました。

日頃から、赤十字って?って思っていた質問や体験談を沢山聞くことができました。

赤十字に災害時寄付された募金は、全てきちんと被災地・戦争地域に回っているそうです。
では、彼らの資金はどこから?と、申しますと・・・それ以外の寄付金と人命救助の講習会の費用で成り立ってるそうです。

ちなみに・・ユニセフは国連で36ヶ国の政府が取り仕切っており、政府からの代表がその国のユニセフを仕切ると言うわけで・・・
今回の日本の地震でも、寄付金がリミット過ぎたということでアフリカに回されちゃいましたよね。
赤十字とユニセフ、同じ非営利団体ですが、まったく仕組みは違います。


あたしは、寄付は迷わず赤十字ですね。


そして、本当に戦地などにいくのだろうか?
と、思ったのですが・・・

本当に行ってます。

そう・・・あのチャーチに来ていた看護師のおばちゃん。

あたしの「心のケア」にあたってくれた「どこにでもいる普通のちょっとおデブのおばちゃん」。
あの方は、戦地から被災地まで世界中を回るエキスパートだったのです。


「え!だって!普通のおばちゃんでしたよ!よくしゃべって「あら!またあたしがしゃべりすぎちゃったわ!本当は聞かないといけない立場なのよ~がははは~」と、軽快に大笑いしてたおばちゃんですよね?え!」


と、思わず口から出てしまうくらいびっくりしました。

すごいな~。
本当に、すごいな~~。


戦地では、本当に弾が飛び交っている中、お仕事しているそうです。
敵味方関係なく、けが人を集めて手当をする。

しかし、残念ながら年間約25人の方たちが戦地で巻き込まれてお亡くなりになっているそうです。

今のところ、日本人で被害が出てる方はいらっしゃらないのですが、スイスの方に特に多いそうです。
スイスは、赤十字発祥の地です。
きっと、普通の国よりももっと戦争の酷い中まで入って行かれるんでしょう。

被災地にしても、戦地にしても自分の命の危険を犯してまでやる人命救助。

あたしには出来ない。
あたしは、怖くて出来ない。


あのおばちゃんの中には、何があってああいう仕事が出来るんだろう。


ただただ・・・・尊敬です。


あなたの周りにも普段は、病院で働いてるお医者様も看護師さんも・・そして、もしかしたら近所のおばちゃんも赤十字の方かもしれませんよ!


赤十字の方のお話は、本当にどの本を読むよりも興味深く為になりました。
生の声で体験談を聞けるなんて本当に贅沢な時を過ごしたと思ってます。


帰国前にもう一度お会いできるそうなので、また、その時のお話もUPしたいと思います。
皆さんも質問があったら是非コメントに残しておいてください。
[PR]
by mummy71 | 2011-05-30 06:13 | 勉強になるネタ

結婚制度


ちょっと前の話だけど、ロンブーの淳が、「結婚はしない」宣言をして、話題になっていた。

そして、こんなことを・・・

>子どもは大好きでいつかは子供が欲しいという。
嵐の二宮和也から「子どもが欲しいなら結婚しなきゃいけないんじゃ?」と問いただされると「“ニノ”はずっと日本で生まれ育ってきたからそう思うんだね」とたしなめられた。
そういう淳も日本しか知らないのだが。
淳によるとフランスでは今、婚姻届を出さずに夫婦として子どもをつくり育てて生涯添い遂げる暮らし方が増えているというのだ。

これって、フランスでなくても別に海外ならある話。
(現在のスウエーデンでは56%が未婚のまま出産。)

あたしも、結婚はしていないが、さして不便はない。
子供に関してもこちらでは別に・・・
これが、日本で暮らすとなると少々考えるが・・・

そして、「Wikipedia」で結婚について調べてみた。

定義
* 社会的結びつき
* 経済的結びつき
* 人間的結びつき
* 法的正当性

これなら、同居で十分かな・・・なんて。
まー、一度結婚してるので言える事かもしれないけどね。
結婚となると、本人同士というより、お家同士という意識がもっと高くなるような気がして、面倒。
パートナーシップならば、本人たちという個人の繋がりのような気がする。

国によって違うけど、結婚とは・・・

>結婚はあらゆる地域で宗教と密接に関わっている。

もともと宗教的なモノ。
無宗教なあたしには、ますます縁がなくなる。

最近の日本の結婚事情を読んでいると中々面白い。

就職の不安定から、収入の不安定になり男性への魅力が減ってる。
結局、金か(笑

そして、男性からみてもコンビニなど便利なものが身近にいつもある状況になったので、女性が不必要。
結局、飯炊きババーか(笑

特に、男性は年を取っても子作りが出来ないわけではないということで、先延ばしにするパターンが増えて来てるとか・・・
昔は、寿命が短かったもんね。

そして、一番笑えたのが・・・

>情報化が進んだ現代では、女性全般の心の醜い実態が、男性に筒抜けになるようになったことも、男性が結婚を避けるようになった理由として挙げられよう。

例えば、世の女性が結婚や配偶者について何を思っているかが検索エンジンのキーワード表示に現れることがある。
『Google』「より多く検索されているキーワードの組み合わせ」や「検索結果として表示するサイト数が多いキーワードの組み合わせ」を表示してくれるわけだが

「夫」と入力すると
「死んでほしい」「嫌い」
などが表示されるという。

このような情報や記事を男性が見れば、男性が抱きがちな、フィアンセや、配偶者の心の内容についての幻想は消え去ることになる。
それどころか、女というのは恩知らずで、独特の恐ろしい考え方をする生き物だ、と気づくようになり、結婚にしりごみするようになるわけである。

あくまでも、日本の場合ですけどね。
でも、結婚制度が重視されなくなるのも、時間の問題だなと思った一こまでした。(笑
[PR]
by mummy71 | 2010-07-27 08:18 | 勉強になるネタ

女の動物的直感

今朝ラジオを聴いていたら面白い話題をしていた。

女性は、高い確率で男性の声だけでその人の名声がわかる。

これ、動物的直感らしい・・・
声を聞いただけで、金持ちな人とか、こいつピアスとかあけて、ちゃらちゃらしてる人とかわかるみたい。
面白い・・・。
で、声の低いどっしりしてる人というのが統計的にモテル=将来性がある・すでに金持ち

へーーーーー。

IQの低い女性は、金持ちと結婚する確立が高い。

動物的直感で、一人では生存して行けない=養ってくれる人が必要=自分が仕事につかなくてもいいだけ金を持っている。
だって・・・(笑

へーーーーー。

男運がないよなーって嘆いてる人。
IQが高い=自立できるだけのモノを持ってる
ということで、自分を誇りに思おう!

しかし、女としてどちらが幸せなのだろうか・・

あたしは、馬鹿な女が幸せのような気がするな~
直感的に金持ちと結婚して、何かあっても気づかずにのほほんと暮らしていけて・・・知らなかったら幸せだよ。
周りに、馬鹿といわれようが、視野が狭いと言われようが・・・言われていることすら気づかず・・・
マイペースに笑って暮らしていくことでしょう。(笑
しかし、生存ということに対しては、誰よりも直感が聞くのがこういうタイプなんだろうな。
これって、馬鹿にしちゃいけないよね。
だって、生存率に勝つことって生物として一番の勝利じゃないか!!!??!
ってことは、こうい人のほうが、本当は利口?!?!?
ふーむ。

考えさせられるトピックだ。
[PR]
by mummy71 | 2010-06-22 09:05 | 勉強になるネタ

アル中遺伝

遺伝っていろいろあるようですけど・・・・優勢より劣性の方が強いものらしいですね。
天使より悪魔の方がやっぱり強いのかね~
憎まれっ子世に憚るともいいますしね~わかるような・・・・

この間、友人と話していたら・・・
「アル中は遺伝」
と、聞きました。
えええええ!とおどろいたけど、納得。

しかし、アル中とはどこまでアル中なのか・・・依存症とかいろいろ段階のようなものがありますが・・
やはり人それぞれ症状は違うのではと、思います。
あたしは、医者でもなければ研究者でもないのであくまでも経験からですけどね・・・
一日中酒を飲んでいなくても、手が震えていなくてもアル中と呼ぶべき人はたくさんいるんではないでしょうかね?
家の父はアル中でしょうね。
強いお酒でなくてはいけないし、酔うまで飲むし酒量も半端ではない。
で、挙句の果てには暴れるし~。
毎日、飲んでるしね!
ただ、仕事に支障はきたさなかったし、飲酒運転はしなかったので、世間に絶対迷惑はかけてなかったと思いますよ~
その分、家の中で全て落としていたんでしょうね~。

というわけで、あたしも父の遺伝子を引き継ぎアル中なんでしょう。
まず、1杯で辞めるなんて不可能だし、酒量も飲むときは半端ではなかったし・・・(今はそうでもないですけど)お酒も徐々に度数の高いものになっていたし・・・。
一時期は、手も震えていた時期ありました。
朝起きたら目に殴られたような青あざがあり、びびったことも・・・後から酔っ払って椅子に向かって転んだのを薄っすらと思い出しましたけど・・・
酔っ払ってクッキングして左の人差し指をざっくりと切ってしまって「痛い~」と半べそかきながらキッチンタオルで抑えて寝ちゃったときも・・・・・今でも傷がくっきり残ってます。
あれは、病院行ったら縫ってただろうな完璧に・・・・・
でも、年とともに&子供がいるのでだんだん飲めなくなってきましたね。
それでも、たまに飲むと記憶がないし・・・・暴言吐く時もあるし・・・・
あたしの中であたしは時々?!アル中ですね。

上手く制御できる時もあるので・・・・
まだ、私の中の天使は悪魔にのっとられてないわけですね~

悪魔と上手に付き合っていくか、完璧に天使になるか・・・・。
今のところ、上手に付き合っていく方法を考え中です。
ということで、やはり同じ悪魔を持ち合わせる方々と飲むのが一番ですね。(笑)
毒を持って毒を制する。
悪魔同士を遊ばせておき機嫌をとっておく!
自覚して開き直るのではなく、気をつけるということをいつも片隅に置いて、楽しいお酒を飲むようにいたします。
飲んでる途中で消えるあたしって、天使のあたしに操られてる時なのかもしれませんね・・・
最近、天使の時が多いような・・・
(すぐ寝ちゃいます~年ですか????)

というわけで、親戚家族にアル中のいらっしゃる方、お気をつけください。
[PR]
by mummy71 | 2009-05-10 09:52 | 勉強になるネタ

問題だった歯医者も無事終了いたしました。
今回の若先生、上手だったし物腰がやわらかくていい人だったし丁寧でした。
歯医者の話をこの間友人としていたら
「1時間もかかるの!日本の先生15分くらいでやってくれるのにね」
なんて話してました。
確かに・・・・日本ならもっとちゃっちゃと・・・と思いました。
それに、3本まとめてやろうなんてしないしね!

しかし、いろいろ今回治療が終わって日本に帰国した時にどこの歯医者がいいか調べていたんです。
「ルートカネル」・・・根管治療・・・
甘く見てました。
日本なら保険も利くしって鷹をくくって今まで何も調べなかったけど・・・
これ、ちゃんとしてもらうには相当お金がかかります。
日本で保険を使ってやったら50%の確立でまた同じ症状に戻るそうです。
保険を使わないでやったら90%の確立で治癒するそうです。
でも、歯医者さんはこの治療あまり好まないそうです。
なぜなら・・・保険範囲でするときは、時間もかかる点数も低い、だからお金にならないんですって!

それで、いろいろ調べていたら・・・・
元々虫歯というものが出てきた時代の話ですけど・・(昭和30年から40年台)
歯医者の前には行列が出来ていたそうです。

北欧では病気にならない方法、虫歯にならない方法を模索することを選び、予防歯科医学が発達し病気の原因をさぐり虫歯にならない方向に進んで行きました。
一方日本ではこのころ新設の歯科大学、歯学部が創立され歯科医師を作って虫歯の後始末をするような方向に進んで行きました。
皆保険では「削って、詰めて、被せて、請求する」ということが起こりやすく、その結果、日本人の20歳の人の虫歯経験は9.2本であり、20歳のスウェーデン人の虫歯経験は4本以下になり、大きな差がついてしまいました。
その結果、西洋では10人に2-3人の割合の虫歯に減りました。
東洋では10人に8-9人
また、1本も虫歯のない人の割合は日本人の場合25人に1人ですが、スウェーデン人の場合5人に1人です。又、80歳の日本人は8本しかご自身の歯が残っていません。


結局日本は、保険によってカバーされているんのですけど、保険が使える治療だと薬やその対応時間も著しく変わってくるそうです。
悪く言えば・・・手抜き治療
ただし、そうしなければ歯医者さんも生活がかかってますから・・・
根管治療はやはり1本で1時間はかかりそれを3回くらい繰り返すそうです。
マイクロスコープやラバーダムを使ってしっかり感染を防がないといけないそうです。
(本来なら・・・・)
歯の根がしっかりしていれば、自分の歯をキープするのはたやすいことです。
しかし、この治療は保険を使ったらしっかりはできません、保険なしでやったら1本2-4万ほどかかります。
でも、一生のことを考えたらやはり自分の歯にお金をかけた方が絶対いいと思います。

前歯のクラウン(差し歯)一本を入れる場合、同歯科での自費診療の内容は以下の通り(カッコ内は保険診療)
①診療時間 1時間×3、4回 保険診療の場合(20×2回)
②歯の型取り シリコンゴム系の材料で精密に取る 保険診療の場合(寒天が原料の安価な材料)
③歯科技工士のクラウン作り 顕微鏡を見ながら8時間かかり 保険診療の場合 (肉眼で2時間)
④かみ合わせの調整 カチカチとかみ合わせのチェックに使う紙は12か15ミクロンの極薄で、ルーペで確認する。

保険診療の場合(30ミクロン以上なので肉眼で見る)黒田さんは「歯とクラウンの接着部分で起こる虫歯や歯肉炎が心配なので、ピタリと合わせるのが重要」と言う。
精密に作り、かみ合わせを細かく調整しながら入れる自費の治療は、職人として最善の技術で作り上げたものだろう。その水準と比べると、保険の治療は「手抜き」と口にする歯科医もいる。


これだけ、違うそうですよ。
皆様も歯医者の「治療費」一度お考えください。

*太字のところは吉川歯科医院
~自由診療と保険診療の違いは何~ とりました。もっと詳しく読みたい方はクリックしてね。

にほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
[PR]
by mummy71 | 2009-02-13 06:17 | 勉強になるネタ

車のこと

最近車の調子が今ひとつで、たまたま知り合った日本人のメカニックの方にチェックしてもらった。
その時に、「どうしたら燃費がよくなります?」と質問したところ、「車というのはスパークして動いているものなのでそれに必要な、綺麗な空気・スパークプラグ・ガソリンがよければ、距離も伸びる。」と、言われました。
空気を綺麗にするエアーフィルターですが、家の車の場合左脇に黒いボックスがありそこに入ってます。
これは乾いてるものと濡れてるものがあって、家は乾いているもの。
なので、たまに掃除機で掃除したりはたいてあげたりすればいいそうです。
スパークプラグを確認してもらったら、真中の芯の部分が楕円になってました。
これは、丸でなくてはいけないもので変え時といことで交換してもらいました。
そして、ガソリンなのですが、実はみんなハイオクはガソリンの純度が高いエンジンにいいということは知っていても、車によっては距離数が伸びるのでレギュラーより安くなるということを知らないらしいです。
これは、試してみないとなんともいえませんが、車によっては燃費がよくなるんですよ!

で、今回うちもハイオクを入れてみました。
そしたらなんと・・・・・すげースムーズに車が動くんです。
振動も少なく、アクセルの踏み込みも浅くてもスピードが出る。
これは驚きです!!
本当に、え?ってくらい違います。
これで距離が伸びるのなら、家の車はハイオクのほうがお得だし、エンジンにもいいので完璧ですね!

というわけで、経済が凍りつきいろんな意味で無駄をはじく世の中、足元のあなたの車もチェックしてみてください。

まぁ・・・正直言って日本にいる皆さんにはあまり関係ないと思いますけどね。
だって、車新しいもんね。

家はちなみに1996年のトヨタイプサムに乗ってます。96年だよ!!
NZでは、まーまー新しい方では?

にほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
[PR]
by mummy71 | 2008-12-10 05:58 | 勉強になるネタ

海外に住んで、こちらの人と話をしていて「やっておけばよかった」と、思うのが、歴史と経済の勉強です。
あたしは大嫌いで、まったく知識がありませんでした。
ここにきて、ものすごく恥ずかしかった。
だって、自分の国を歴史をしらないのって、自分がどこで生まれ何歳なのか知らないのと一緒ですから。経済を知らないのは、自分の家の資産価値や自分の貯金の金額を知らないのと一緒ですから・・・。

最近あるWEBで日本経済についてのトピがあがってました。
少し難しい話で、読んでいて「うーーーーん」となってしまいましたが、そそられました。
以前、ここにも「平和ボケ日本」の話を書きましたが、やっぱり日本人にはまったく危機感が感じられないような気がします。
外から見るものと中から見てるものって、結構違うんですよ。

「こういうのわかんなーい。」
ではなく一度頑張って読んでいただけたら・・・・と思います。
なんとなくでも、どこかに引っかかれば・・・・。

「日本は今、国家破産の危機にあります。」
なんて、ショッキングなことからはじまってます。

↓この辺から飛ばしたくなりますね。(笑)飛ばしてもいいですよ。ここはね・・・でも、がんばれたらみてみて!

日本の債務残高/GDP(国内総生産)は、175.2%です。
第2位のイタリアで、122.3%、借金大国と言われるアメリカでさえ、64.1%です。

実は、日本の負債は、2005年度末の時点で、

1) 国及び地方の長期債務残高 775兆円
2) 政府借入金/政府短期証券 142兆円
3) 財政融資資金特別会計国債他 143兆円

●公的債務総額(2005年度末見込み) 1,060兆円

さらに・・・ 4) 政府保証債務 58兆円 を加えると、 1,118兆円


といわれても、あたしはさっぱりわかりません。(汗)
で、その後とてもわかりやすく説明がついてました。

一般家庭にたとえるなら・・・月収が40万円として、月64万円の支出があり、しかも5200万円のローンが あるということです。

納得ですか?わかりやすいですねこれなら・・・・
で、銀行の金利の低い理由なんですけど

現在、インフレが続いているのに日銀は金利を上げることが出来ません・・

なぜなら、金利を1%あげると1200兆円もの負債の利子が、
年間10兆円以上増えることになるからです・・

仮に金利を5%にした場合、年間の収支は50兆円以上悪化するので、
財政はあっという間に破綻してしまいます・・


ひょえーーーーっと思ったのはあたしだけでしょうか?

実は、日本も昭和21年に国家破産を経験しています。

●昭和21年は、預金封鎖があり、ハイパーインフレになって、
  戦時国債は紙切れ同然になりました。

●日本において、預金封鎖は過去に2度実施されました。


知っていましたか?あたしはまったく知りませんでした。
具体的にはどうなったかというと・・・

一度目は昭和2年で、
日本の銀行全てで支払猶予(モラトリアム)が
3週間にわたって実施されました。

二度目の預金封鎖は昭和21年2月16日の夕刻突然、
「金融緊急措置命令」と言う形で実施され、
その時同時に新円切り替えも実施されました。

このときに総国民の資産調査が行われ、
10万円を超える資産に対し25~90%の高額な財産税がかけられました。

又、郵便預金は10年間の払い戻し拒否が実施されました。


10年間の払い戻し拒否って・・・・・・
これって大変なことではないでしょうか?
結局、貯金なんて、国にお金を貸してその代わり少しお礼をもらってるようなもので・・・
その元が、火事になったら・・・・こっちも火がつくのよね。
でも、借金の方は帳消しにならないのでしょうね・・・・うーん。

やはり少しは、自分の住んでいる国の仕組みをわかっていなければ、一晩で天と地のように自分の人生が変わる可能性もあるわけです。
これは、ここNZに住んでるあたしにも言えるわけです。

そして、他の方からこんな意見が出てました。

多くの日本人は問題ばっかり出しているだけで、じゃあどうやって解決するのかを他人任せな気がします。

まさに、その通りと思いました。
戦争を経験し、日本を経済大国に育てた年代の人たちはもう日本経済をささえられない。
もう一度あたしたちは、痛い思いをしないとダメなんでしょうか?
それは嫌だな。

そして、こんな意見も

お金は単なる紙です。
住む場所を決め住む家がもてれば、その家の価値が80万ドルになろうと、20万ドルになろうと、その家は「家」としてあなたに住む場所を提供し続けてくれるでしょう。
これからは、お金をもつというよりもむしろ「物」をもつ。というほうが賢明に思います。
お金もうけに走りすぎて色々考えすぎると、持っているお金は最終的に目減りし、またその時「単なる紙切れなんだな」ということに気がつくでしょう。


わたしは、目からうろこでしたよ。
わかっていたことだし、当たり前のことだけど・・・
自分で物をつくり自給自足してたんですよね。昔は・・・・。
遠い中国が毒を入れようが、何をしようが関係なかったんです。

人々は、ご近所さんと物々交換をしながら生活してたんですね。
そして、井戸で洗濯しながら井戸端会議をして(笑)

そこまで、戻れとは言いませんが、やはりもう少し自分というものを知り、自分というものに投資をして、自分を言うものに責任を持つ。
一人一人がそうなれば、まだまだ手遅れではないはずです。

なんちって・・・偉そうな御託を並べましたが・・・・・
とりあえず、あたしは家庭菜園から・・・・(苦笑)
にほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
[PR]
by mummy71 | 2008-09-23 07:06 | 勉強になるネタ