火星で発見!


【ヒューストン(米テキサス州)=増満浩志】火星の北極付近に着陸した米探査機フェニックス・マーズ・ランダーが、地中から氷を掘り出して、水を検出することに成功した。

 米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大が31日、発表した。


とうとう・・・きましたねー。
火星で水が発見されたそうですよ!
なんでも、9月に重大な発表があるとか・・・・・・・・・

宇宙人やっぱりいる可能性高くなりましたね。

将来は、火星に住めるようになるんでしょうかね・・・
すごいな~。

「実は・・・あたし宇宙人でした」って方、もう告白して頂いてもいいですよ♪
え?そうなんです・・・実はあたしね・・・・・・・・・

にほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
[PR]
by mummy71 | 2008-08-03 13:30 | ミステリー

字画と霊感

最近、ちょっとミステリアスな話から思い出したことなのですが・・・・・・

私が20才だっととき、働いていた会社に保険のおばさまが来てました。
第○生命にお勤めだったおばさまと、気があって結構仲良くなり、仕事帰りなどにお茶を飲んだりしてました。
ある日おばさまに相談を受けたのです。
‘自分がもうすぐ死ぬときって知りたいもの?’
私は目が点でした。
‘何を言ってるのかよくわからないけど・・・病気なら知りたいんじゃないですかね・・’
と答えたのですが、その後おば様黙り込んで・・・
‘実はね。私人のオーラが見えるのよ。それで、こういう仕事してるといろんな人に会うでしょう・・たまに、ほんとうにまれにだけど・・・オーラーが薄くなっていて‘あーこの人もうすぐ亡くなる’ってわかっちゃうのよ。’
と突然告白されたのです。
でも、あの当時の私、占い大好き!だったけど、そういうのあまり信じない性質でした。
‘えーーーー本当ですか??私は正直、ちょっとそういうの半信半疑ですね。’
と答えました。
そしたら、そのおば様に
‘じゃーね、あなたの住所録貸してみて・・・字画からだいたいその人のオーラや運命が見れるから・・・’
と言われました。
苦笑いしながら差し出しました。
すると・・・・・・・・・・・・・・・
‘この子、片親でしょ・・・・両親のどちらか亡くなっていないわね。この子は同じ片親でも離婚してるわ・・・・この子はもう結婚して子供さんいらっしゃるでしょ。’
と、まあー次から次へと当てていくのです。
もう、私かなりびびりました。そして、住所録のある1ページを開いて見せたのです。
そして、その中の一人の名前で指が止まり・・・・・
‘ああー嫌だな。この子・・・・・若くして亡くなるわよ。いえ・・亡くなってるのかしら・・・’
と、その年の1月に亡くなった私の同級生の名前を指差しました。

これには、私ももう腰が抜けるほど怖くなり・・・・
‘この子今年の正月に亡くなったの・・’
‘やっぱり・・・病気でしょ?!ねえ・・この子弟いないわよね?!いたら引っ張られるわよ!’
とまで言われたのです。病気で亡くなったのは当たりです。
弟はいなくて妹でした。
‘女の子なら大丈夫’
と一言・・・・・・・・・・・
それで、どうしてわかるのか聞いたら‘字画とあとは彼女の霊感’だそうです。
おば様に言われたのは‘字画は大切よ!子供ができたらちゃんと見てあげてね’といわれました。もちろん、それが全てではないのですが、とっても大事だそうです。
ちなみに・・・・・・マ行の名前よくないそうです。
全国のマ行の皆様ごめんなさい。でも、よくないと言っても組み合わせでいくらでも変わりますからね。(親戚のお姉ちゃんマ行ですけど、ベンツとポルシェを乗り回し、子供5人、旦那会計士、幸せいっぱいですよーもう50半ばですけど・・)
私はマ行ではないのですが、苗字と合わせるとよくない名前で・・結婚したら変わるからと言われていたのですが、なんせ前回は夫婦別姓なもので変わりません!今もまだ同じ名前です。まったく・・・・

後日談ですが、あの相談から1ヶ月後、おば様のはじめに言っていたオーラが薄くなっている某自動車会社に勤めてた方事故で亡くなったんです。
おば様落ち込んでました。

私?私も見てもらいましたよ。でも、あまり多くを語らなかったですね。(苦笑)
オーラで見れるのは近い未来までだそうで・・・やっぱり、運命は自分で切り開いて変えていくものらしいですよ。字画も自分でビジネス用に名前かえられますからね!

ちなみに、うちの子供たちの日本名は字画が良いです。
ものすごくいろいろ調べてがんばってつけました!
でも、使ってる名前が英語名なのであまり意味がない。(今のところ・・・)
英語にも字画てあるのかしら??

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
by mummy71 | 2007-10-19 07:13 | ミステリー

これは本当に起こった話です。

今の彼のお父さんに起こったことなんですが、彼が子供の頃、家族とその友人家族とみなでFijiに旅行に行ってました。
その島は、本島からセスナで40分ほど飛んだところにあります。
何を隠そう彼のお父さんが、数年子供時代をすごした島です。
お父さんは友人と現地の人とともに、ダイビングに行っていたのですが、海底でピラミッドのようなものをみつけたんです。
そこには、人が一人入れる穴があって、友達を先頭にその穴に入り探検をしたのです。
その穴には、無数のくじらの骨が落ちてるんです。
人が一人入れる穴に鯨の骨ですよ・・・おかしいと思いませんか?

そして、多分あれはピラミッドの中央地点にきたとき、大きな空洞が上に向かって開いていたのですが、突然お父さんの友人がくるくると回りだし酸素ボンベを投げ出したのです。
お父さんはびびりました。
その友人を押さえつけもう一人の友人と交互に酸素を送りながら何とかピラミッドから脱出しました。
しかし、水の中で暴れまくる友人に手がつけられず危険を承知で彼を一気に地上へと送ったのです。(緊急のときのみの処置です)
そして、一命をとりとめたお父さんの友人でしたが、何があったか一言も話さずその旅行中、口を一切聞かなくなりました。
そして、お父さんはそこのピラミッドで見つけた鯨の骨を私の今の彼に、お土産で持ってきたのです。
その島の管理をしているおばさん(彼のおばあちゃんの妹にあたります)には霊感があり、その骨を危険だという理由から、彼からとりあげ瓶の中で保管しました。
その瓶の水は、彼が滞在していた6週間の間、透き通った透明な水のままにごることはなかったそうです。

後日談ですが、そのお父さんの友達は、そのときのことは一切語らず、その後お父さんと交流を絶ち、奥様とも離婚をして田舎へ引っ越していきました。
今もその田舎でひっそりと一人で暮らしています。
そして、島のおばさまにはどこから話がもれたのか、ナショナルジオグラフィックという有名な研究雑誌からその場所の調査以来が来ました。
1ミリオンという金額にも関わらずお断りしたそうです。


★本日、2話投稿してます!もう一つはお化けの退治の方法かな??

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村 子育てブログ 年子へにほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
by mummy71 | 2007-10-17 08:05 | ミステリー

ねーねーそこ、NZにもお化けっているの??
なんて昔聞かれたことが、あるのですが・・・・・・・・・

私、別に霊感とかあるわけではないですよ。
でも‘なんかいかんなー’って感じるときはありますけど・・・・・・・・
この間も、私たちのベットルーム、冬の間はせっせとマットレスをリビングに運んでそ、こで寝てるんで(リビングはヒーターが24時間ついてるので暖かい。ベットルームは冬顔が凍りそうなんですよ)ベットルーム使ってないんです。
‘ふっ’と気づくと、なんか‘いやーーーなもの’がベットルームのドッレッサーの前のコーナーに感じるんですよね。
そんなときは、未だに高校の時のクラスメートが言っていた‘こら!’をするんですけど・・・・・

なんでも、‘こら!何してんの!’って怒るといいらしいですよ。
その子も、シャワーとか浴びてるときに、気配を感じると振り向いて
‘こら!あんた!なにしてんの!’
とその気配に怒るらしいのですが、その後、まったく気配は感じなくなるそうです。
私も、それを聞いた16のときから、ずっとそうしてますが、確かに気配が消えるんですよ!
そんなんで‘こら!お前そこでなにしてる!でてけ!!!’と怒鳴ってやりました。
なんか、気分はすっきり!それでいて気配も消えてるような・・・・・・・・
でも、NZのお化けにいったい日本語は通じるのかしら???

かれこれ、10年前ですが昔住んでいたフラットの近くに語学学校の友達が住んでました。
そこは3部屋とも日本人が住んでました。
でるんですよ。そこは・・・・・・・・・
私の友達のR君夜中に
‘Get Out of here’(出て行け!)
とベットの下から叫ばれたそうです。
次の日かなりびびってました。
そして、友達のJちゃんは夜中にいきなりカーテンが’びりびり’言ってレールから落ちてきたり。
風のない日に裏ドアが開いて閉まったり・・・
とにかくあそこは出ました。

そして、何を隠そう私の住んでた家もいたらしいのです。
そこは、私の前に住んでいた人が車庫で首を吊って死んでいたのです。隣のおじさんが酔っ払ってギターを弾きながら私に語ってくれました(涙)
その当時、飼っていた猫が必ずいつもたたずんで見つめる場所があるんですけど、あの変に多分いろんなものがいたんでしょうか?!

皆さんも、寒気や恐怖を感じたときはぜひ‘こら!’お試しください。
[PR]
by mummy71 | 2007-10-17 07:51 | ミステリー