日本語はかっこいい!

いや~、昨夜、こちらの王道奥様ドラマ「ショートランドストリート」を見ていたときに、俳優さんの一人が着ていたT-Shirtが気になって気になって、ストーリーが頭に入ってきませんでした。

縦に「、として私を使用した」
横に「彼女のハンマー」

な!なんなのこれ?ね~~なんなの??
「、」の前は何があるの~~~~


T-Shirtの上にジャケット着てるもんだから、みえないのよ。
「、」の前が・・・
でも、今考えると・・・何も書かれていなかったのかも。


日本語って、「かっこいい!」って思われてるの嬉しいけど・・・
その、日本語書きのTーShirtってほとんどが、「Made in china」。
だから、中国日本語なのよね。

日本でちゃんと作ればいいのに~~。
なんなら、あたしがデザインしますのでいつでも言ってね♪

で、今日は面白日本語T-shirtを集めてみました。

c0105680_612292.jpg


この野郎~~~!!

c0105680_6134314.jpg


会員証なって・・「な」って・・・どうも流行らしいよ。
だって・・・

c0105680_616728.jpg


ね!流行みたいよ。

c0105680_793434.jpg


歴史の勉強になります。
こんなこと覚えてませんでしたよ(汗

c0105680_7322144.jpg


うん・・なんとなく、そんな感じだよね。君・・・。

c0105680_7332140.jpg


これは、中国人が着るんでしょうか??

c0105680_734615.jpg


だそうですよ~奥さん!よかったわね~~~。

c0105680_7345543.jpg


これ、姐御にあげたい・・・。

c0105680_7354981.jpg


これも、数人の友人たちに配ってあげたい。
あたしは、大丈夫よ!
なんせ、母乳でなかったからね!!

c0105680_7371920.jpg


そんな感じしました。はい・・・

c0105680_7374654.jpg


そう言われても、やる気がおきないのですが・・・・

c0105680_738342.jpg


I am Japan?!
I love Japan?

c0105680_7393750.jpg


ルイズ・・・お前は公衆便所だったんか・・・・
やり〇〇なのね(涙

c0105680_7414114.gif
c0105680_742178.gif


この辺さっぱりわかりません!!!!

c0105680_7422377.gif


コレほしい~~マキちゃんと会うときに着るからね♪

c0105680_7432635.jpg


なんでもコピーすりゃ~いいってもんじゃ・・・

c0105680_744642.jpg


一瞬、正しい日本語に見えてしまった。

c0105680_7445223.jpg


これもね、不思議と読めてしまった。正確な意味に・・・
アメリカお前もチャイと変わらんのぉ~

c0105680_7464591.jpg


これ( ゚д゚)ホスィ…
日本で売ってます。1900円くらいです。
誰か頂戴♪

c0105680_7474399.jpg


あ~マイケルお前もか!!
悲しいよ・・・。

c0105680_7483270.jpg


その年で・・・大変ですね。

c0105680_7485730.jpg


・・・・・・・・・・・・。
絵がかわいいと、思って着せてるんですか?!?!
お母さん!お母さん・・・・・・・・・(号泣)

最後はT-shirtではないですが・・・・・

c0105680_7502340.jpg


本当、馬鹿外人。
[PR]
by mummy71 | 2010-11-18 07:51 | 笑いたい人用

体力測定?運動会?

本日、学校で体力測定会??がありました。
なんだかよくわからないのですが・・・・・行ってみました。
実は、今朝起きるまで、昼で終わりと思っていたら・・・午後まで続く。

これって・・・運動会???
ランチも一緒に食べるの?!!?

プリントちゃんと読んでないから・・こういうことに(汗

今朝あわててお弁当作り。

そして、学校に行ってみたら・・・・

あっちで、走り幅跳びの測定。
そっちで、砲丸投げ。
ココで、高跳び。

と、体力測定もどき。
これを親が見に来るの?って感じでした。(笑

あとから、ウチの彼の両親・子供たちの祖父母もやってきて合流。

ウチは、二人学年が違うので、あっちに走ってこっちに走って・・・あらま~大変。

短距離競争の時は、盛り上がりました。

長男、足が速いんです!049.gif

で、張り切ってビデオ撮り。

「きゃ~~~いいわよ~~がんばれ~~速い!!!」071.gif

ゴーール!


ん?


あらやだ、ウチの子じゃなかった。(爆


いや~~ん。
なんて、笑っていたら、あらやだ・・・




ウチの子の番終っちゃった(汗





母ちゃん、こんなんでいいのかよ~~~。



ランチタイムは、お弁当を家族で食べるのかと思いきや、みなさん一時ご帰宅?
生徒は、いつも通り友達と弁当を食べていた。



え・・・。
日本の運動会みたいに親と食べるのかと・・・(汗



でも、子供たちとおじいちゃんおばあちゃんと5人で食べました。


そして、リレー大会!


がんばれ~~~~!!


きゃ~~~「息子のクラス・第二位!!!」


興奮して応援しちゃいました。


その後、親子リレー。


おじいちゃんと長男で、組んで走りました。

お父さん・おじいちゃん組は先発。


よ~~~い、ドン!!



うひょ~~~~~。



大人、ちょ~~~ムキになってる(爆



結果・・


子供引きづられる。


今度はお母さんと子供。


はい。

あたくし、しっかり参加(自主参加です)


「お母さんたちは少しジェントルにお願いします!」


と、先生からの声。



子供連れて走るのにムキになって走るなんて、大人気ないわ♪大丈夫。




よ~~い、ドン!!!




「おりゃ~~~、次男、とろい!!速く走れ!!コラ~~」
031.gif



気づいたらムキになって走ってた。(汗


結果

三位!



そして、最後は保護者VS先生。



おじいちゃん張り切って参加。



結果


保護者の勝ち




でも、おじいちゃんとろかった。ボソ・・・

ウチの次男に・・

「パパ(←と、呼ばされている。)新しいシューズ買った方がいいよ。今度はランニングシューズ買わないと・・・走れないよ!」


ぶ~~(爆
とろいって言われてる。


実は、走る前に、「僕はね~学生の頃短距離のチャンピオンだったんだよ!」と、ウチの長男は僕に似たくらいのことを意気込んで言ってました。

が、現在は・・・お腹が邪魔で走れないジャン・・・くっくっく。

しかし、
「よし!来年に向けてトレーニングするぞ!!」

と・・・。
はいはい・・・・。


こうして、最後は、かなりの盛り上がりをみせて会は終了。

なかなか、楽しい学校行事でした。

あたしも来年に向けて走る練習しよう・・ボソ・・。
[PR]
by mummy71 | 2010-11-17 13:11 | 子供ネタ(結構笑える)

人間、後悔することって人生にたくさんあると思います。
しかし、その中のほどんどって、忘れてしまうくらいたいしたことない後悔だったりするものです。

「あ~あの時、勉強しておけば・・・」
「あ~あの時、買っておけば・・・」
「あ~あの時、別れなければ・・」

でも、しなかったからこそ今の人生があるのよ!!
気づいたときでも遅くはないわ!
やっぱり、その選択は間違ってなかった!

など、最終的には思うんです。

が・・・・・・・・・・今回は・・・まったく、思えません。

人生の中での一番の後悔。

そう・・・後にも先にも・・・・このことは、一番の後悔。


・・・・・・・・・・・・・


はぁ~


・・・・・・・・・・・・

ふぅ~057.gif


(号泣)



そう・・・・




         





残念ながら、これだけは、早く処理しなければならないことだったんですよ。



本日、歯医者に行ってまいりました。

木曜にもう一度、今後の方針を話し合いいたします。


が・・・・


「難しいかもしれませんね。」


との、歯医者のお言葉。

あたしの歯「余命数週間」?!




・・・・・・・・(涙)



そう、根管治療で済む段階ならまだよかった。

これをほおって置くと・・・



抜歯。



あたしたち、サメじゃないんだから、大人の歯を抜いたらもう2度と自分の歯は持てません。
(サメは、抜けては生えてとずっと繰り返すのですよ~~~うらやましい~~~~)


40前にして、すでに奥歯4本失くしてます。
これ以上は嫌・・・・。

でも、抜歯の可能性大。

このままで言ったら5本くらい無くなっちゃうかも(号泣)


もちろん、入れ歯は嫌!!!


残る手立てはインプラント。


高いんだよね。




思い起こせばおととし・・・・

まだあの当時、あたしにあった奥歯の痛みが出たときに、こっちの歯医者で言われました。

「根管治療が必要」だと・・・・。

値段がべらぼうに高かったので、「日本に帰国して治療しよう」!などと思ったのが大きな間違い。


確かに、日本で保険を使って治したら安いです。
が、「根管治療」を保険内でやると50%の割合でまた治療が必要になります。

保険を使わず専門(日本にも根管治療の専門医がいます)でやったら、値段的にはこことかわりません。
(ちなみ今日の治療はそうでした。専門医です。)

そして、歯というのは治療に時間がかかるんです。
ほんの数ヶ月帰国して、ちゃちゃっと治すってものではありません。

ここに住むならば、ココでちゃんとした歯医者に、それだけのお金を払って治療していただくのが一番よかったんです。


もう、今更です。


                   ものすごい後悔。


NZの歯医者が高い。技術も今一なんじゃ?
日本は安い。技術もいいでしょ!


これは、表面上です。
日本に住んでるならばいいですが、ココで生活しているなら、腹をくくってちゃんといい歯医者をみつけて、歯にはお金をかけましょう。
結局は、もっと高くつきます。

それに、正直、日本で保険を使って出来る治療というのは、限られているんですよ。
持っている技術も保険内では使えないことが多々なんです。
NZでは、それだけのお金を取るところは、(今回のあたしの歯医者のようなとこ)ものすごい技術を持っていてそれを日々使っているんです。


いや・・・お金で解決できるならまだいいです。


それが出来ないときになったらもう・・・


   Too Late


はぁ~~~。


NZの皆さん、歯医者に行きましょうね。

そして、日本の皆さん、虫歯程度ならともかく、根管治療が必要となったら一度歯医者に話を聞いてみてください。
保険内の治療と保険外の治療の差。
以外に、根管治療の専門医は少ないので、保険外でやるならば機材のそろっている専門医に行くことをお勧めします。
(マイクロスコープをつかって細かい作業をします。ラバーダム防湿も必要です)

こちらに根管治療について載ってます↓
マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた根管治療(歯内療法)
[PR]
by mummy71 | 2010-11-16 10:36 |

Wedding

の、お仕事に久々に行ってきました~。

実は、1ヶ月前に久々に仕事!と、フェスティバルに行ったのですが・・・
ウチのボス、人の顔をみて

「あれ?久しぶり!何してるのココで?」

そう、あたしに仕事を依頼したことをすっかり忘れていました。
あれには、さすがにムッとして帰宅。
もう、2度と働くかボケ!このカエル野郎!(フランス人=フロッグ 小ばかにするときに使う。)
と、思ったんですけどね。

この仕事は、もうかなり前から依頼されてたし、歯医者代もかかるので働くしかない!

と、気を取り直して行きました。



今回、歴史的建築物「Music Center 」での結婚式。

c0105680_5212470.jpg


今回の結婚式、以前、久々にお仕事したお宅の息子さんの結婚式です。

久々の・・・
こちらの記事のお宅。

そう、お家にグランドピアノがあるあの金持ちのお宅の息子さんです。
お父様が、オーケストラの関係のお仕事という事もあり、こちらで式を挙げることになったと思います。

会場を覗いてみると、「すげ~~~」
おしゃれなお金をかけたセッティング!!!

写真撮るの忘れるほどびっくり!!!
(言い訳・・汗)

もちろん、立食パーティーの最中、「生ピアノ演奏」
後半は「生バンド演奏」で皆ダンス。

そして、花嫁さんと花婿さん。

これまたびっくり!!!!!!

若い!!

21歳!?!?!?




ひょえ~~~~~!

花嫁さんなんて、高校生ですか?って聞きたくなるくらい小さくて童顔の金髪美女。
花婿さんは、2m近く背のある背の高いこれまた金髪美男。


またまた、来客の皆様もお金持ちの方々が多いようで、すごい衣装でした。

サーブしてるワインもいいワイン。
もちろん、料理は、フレンチシェフたちのフレンチニブルス。


よくよく、子供たち(←花婿・花嫁の友達)の話を聞いていると・・・
大学を今年卒業というお子たち。

卒業旅行にパリ?
車はベンツ?
シャンパンは、ドンペリ?

・・・・・・・・・・


2世の奴ら・・・(怒


とにかく豪華なすごいパーティーでした。
もちろん、今回のお給料もかなり「豪華」。
なので、文句はございません。


でも、あんな小僧どもが・・・・何が、シャンパンはドンペリだ・・。


いやいや、何はともあれ、おめでとうございます。

末永くお幸せに053.gif

あれだけ豪勢な結婚式だったんだから・・・・←うらやましい。笑
[PR]
by mummy71 | 2010-11-15 05:40

幸せ

今年は本当にいろんなことが起こっております。

だから、なのかもしれませんが、最近

あたしって幸せだな~053.gif

って、思うことが多々あります。


13歳も年下なのに、家族をしっかり守ってくれている彼。

この間、歯医者に行ったときも休みをとって一緒に来てくれました。
「ちゃんと、どういう状況なのか僕も把握しておきたい」
と、いうことでした。

横を見ると笑顔であたしを見てくれてる彼を見ていたら

あたし、愛されてるな~幸せだな~

って涙が出そうでした。


子供たちも、痛がってるあたしを見て、たくさんお見舞いカードを作ってくれたし・・。
そして、痛いほっぺにたくさんKissをしてよくなるようにっておまじない。

あたしって、愛されてるな~幸せだな~

って、涙出ちゃいました。


そして、あたしのちょっとした一言に心配して

ワイン持って話聞きに行くよ!
仕事終ったら顔出すよ!
何かあったらすぐ言っておいで、飛んでくよ!

と、すぐに連絡くれる友人たち。

(ま~その代り飯食わせろ!っていう友人が約1名・・・爆)

他にも、心配しすぎないようにといろいろ調べてくれてすぐに情報をメールで送ってくれる友人。
すぐに励ましのメールをくれる友人。


本当に、幸せだな~

って、また涙。


日々の生活の中、家族と友人のこういう暖かい気持ちを感じたときって、人として本当に幸せを感じます。
生きてること、健康なこと、そして、いい環境の人間関係があること。

病気や地震を通して感じた幸せです。
今年は、いろいろあったけど、大変だったけど、これがなかったらきっと気づかなかったかもしれないな。


皆さんに感謝してます。

ありがとう。
[PR]
by mummy71 | 2010-11-12 07:36 |

好きなもの

ウチの長男に好きなもの、好きなことを質問してみた。


Q.ご飯のメニューで何が一番好き?

塩ごはん



Q.いや・・・もう少しいいものを・・(汗

納豆ご飯!ふりかけご飯!


・・・・・・・・・・・・・・・

あたし、結構手をかけたもの毎晩作ってるんですが・・・・




Q.学校で一番好きな時間は?

お弁当の時間!




・・・・・・・・・・・


Q.おばあちゃん宅にお泊りして何が一番楽しかった?

アイスブロック食べたこと!

・・・・・・・・・・・・・・・


Q.遠足行って何が楽しかった?

チョコレートミルクシェーキ飲んだこと!



こいつの人生って・・・・・・(号泣)
[PR]
by mummy71 | 2010-11-11 06:22 | 子供ネタ(結構笑える)

海外留学の罠 3

さて、お母さんが取った行動の前に・・・娘がそこのホームスティーであった出来事を簡単にまとめてみます。

・私物を勝手に使われる
・私物を取られる
・子供たちが勝手部屋に入ってくる
・洗濯物が紛失。そこの子供たちが着ている。
・ホストペアレンツが頻繁に出かけて夜いない。
・夕飯を自分で作らなくてはいけない(インスタントラーメン)
・ホストの息子が親がいないとパーティーをするので、小さい子供が寝れなくて自分の部屋に避難してくる
・衛生的にあまりいい環境ではない
・学校行事のプリントを渡してもまったく読んでくれない為、必要なものがそろえられなくて学校でトラブルになる



留学生入れるなボケ!

これだけいろいろあったら、お母さんだって必死です。
こうなったら直接、学校と交渉。

エージェントはあてにならない。
ホストマザーには無視される。

残るは学校です。

娘の状況を、英文にまとめ学校に送りました。
すると・・・

こりゃ~びっくり!!

学校側は、もう、びっくりするやら憤慨するやら・・・
そして、学校の対応はものすごく素早かったんです。

高い金払っても、日本のエージェントは何もしてくれなかったのにね・・・


即様、先生が、ホストファミリーに連絡をすると・・・


ホストペアレンツ、二人で海外旅行中053.gif


留学生を入れているのに、海外旅行に1週間行っていて留守。
これって・・・・

ありえません!


そして、彼女は、すぐさま緊急避難ということで、先生のお宅に預かられることになりました。

もちろん・・・この、レイジーなホスト「ホストファミリーリスト」から除外

当然ですよ。


やっと、やっと、開放~~♪

そして、新たに決まったホストファミリー。


新たな気持ちでスタート!


しかし・・・・・・・・・・・・・

新しいホストファミリーに、初日

「パソコンばっかりして部屋にこもられたら困るの!学校が終ったらリビングに出て今日あったことをちゃんと話すように!!」

と、かなり厳しく言われたそうです。

いきなり??


学校に行くと・・・

「聞いたわよ。駄目ジャン!なんか、わがままいってホストファミリー変えちゃったらしいね~」

と、他の留学生から・・・。


そして、クラスメートからは・・

「英語分かるの?NZ嫌いなんでしょ~」

と・・・・

こうして、学校での「いじめ」が、はじまってしまったんです。



証拠は何もないので、原因ははっきりとわかりません。
(ま~あきらかに・・・って感じですけど、ココではやはり語れませんね)

ただ、元ホストファミリーの子供が同じ学校に通っています。

そして、彼女を見ると、友人に
「ちょっと見ててよ。」
「ハロー」
「ハーイ・・・」
「ね・・・話さないでしょ・・クスクス・・・」
と、笑って通り過ぎていくそうです。



陰湿ないじめだよこれ。



こうして、彼女はだんだん、学校へ行くことも、ホストの家に帰ることも全てが嫌になってきて・・・

あと、ちょっと・・・あと、ちょっといれば、全て終わる。

しかし、本当にあと1ヶ月の所で限界になってしまい、学校も退学。
そして、帰国の途へついたのでした。



そして、東京で母親と落ち合い、東京から自分の住む町に帰る飛行機の中で・・

「またどこかに留学したいな。あれが普通じゃないよね。」

と、娘さんがポツリといったそうです。


くぅぅぅぅ~(涙



海外留学って聞こえはいいけど、決して現実はそういうことばかりではないですよ。

特に、エージェントとホストファミリーに問題があったら、泣き寝入りだけはしないでください。


契約と違う、条件と違う、という事ははっきりと言ってエージェントに返金を求めるくらいの強さがないと、向こうもなかなか動いてくれません。
もしくは、地元のエージェントに直接頼んでください。

どこがいいかわからない。
などの時は、こういうブログに聞いてみるのもいいと思います。
地元に住んでいる人なら何かしら評判は聞いてますからね!

クライストチャーチに留学を考えている方、飲み友達の事務所を紹介しますよ!
あたしの飲み仲間に悪いやつはいませんから!!


ちなみに、あたしは絶対、ホームスティーは面倒見れません!


それこそ、クレームの嵐だよ。(爆
自分でわかってるので、そいうい責任をもてないことは、はじめからしませんよ。


金のためにちゃんと義理を果たすか。
出来なかったら、はじめからやるな!



金をもらっておいて、ちゃんと仕事しなかったら、悪徳商法や詐欺と一緒だよ!


そして、日本から来る方も、日本とは違うことがたくさんあります。

・シャワーの時間がうるさい
・ネット環境が悪い
・食事がまずい
などなど・・・

これは、あきらめてください。
日本が、整いすぎです(笑


こちらにも留学の被害の状況が出ております↓
被害の実態
[PR]
by mummy71 | 2010-11-10 11:41

海外留学の罠 2

さて、延長を申し込んだ所、残念ながら今のホストファミリーとはお別れ。
最初の契約期間が切れてしまい、次の契約があるため続行は不可能でした。

次のホストを探すために学校と話し合いになりました。
そこには、通訳と名乗るワーキングホリデーの女性が同行。
しかし、エージェントの姿はなし!
彼女は、まだ英語がつたないため、そのワーキングホリデーの女性が間に入って話が進行していくことになりました。

彼女の希望

・学校から近いこと(乗り物酔いするので)
・子供のいないところ
・英語の環境


このくらいの希望ならないことはないだろうと思います。
特に、英語の環境というのは必須だと・・・。

この希望は、以前日本で最初に留学を申し込んでいたときにも出していたもの・・・。

しかし、そのワーキングホリデーの女性が、しきりに、今、自分がステイしているホストを押すんです。
そのホストファミリー

・クライストチャーチ郊外。近隣に店すらない場所(車がないと移動不可)
・子供4人いる
・お母さんが日本人


まったくといって条件と正反対

彼女は、首を縦にはふらなかったのですが、その女性が一方的に話をすすめてしまい、通訳も何もあったもんじゃなく。
ほとんど、勝手に終了。
そして、そのホストファミリーに決まってしまったんです。

14歳の言葉のまだ分からない娘さんの力、なんて一瞬で握りつぶされちゃいました。

そして・・・・・

地獄の毎日が、はじまったのでした。
そのご家庭に行ってまずびっくりしたのが・・・

ホストファミリーの詳細には書かれていなかった「20歳の息子」がいたこと。
そう、子供は5人

またまた、詐欺ジャン・・・ボソ・・・

そして、次々に起こるありえない事。

・自分の部屋に勝手に子供たちが入ってくること。
・私物を勝手にいないときに使われること(パソコン含め)
・私物がなくなっていくこと


ここまで、聞いたらもうあきれちゃってものも言えません。
もちろん、エージェントに相談して、「鍵」を部屋につけてもらうことにしてもらいました。

しかし、待てど暮らせどついてこない。

理由は、「もうすぐ引っ越す予定だから」

だったら、留学生入れるなボケ!

だいたい、私物を勝手に使うってどういうこと!
この時点で、ホストファミリー失格ですね!!!

しかし、これが、なかなか強く出れないのが日本人。

で、それをいいことに何もしないで、足元見てる日本人。

次々に起こる、不愉快なこと・・。

・洗濯物を出しても返ってこない。と、思ったらそこの子供たちが着ている。

さすがに、これはホストマザーに言ったら、子供たちに注意してくれたけど、その場だけで結局はまた元に戻ってる。
しかし、5人も子供がいるんだし、仕方ないよね!と、これはあきらめたそうです。

あきらめちゃ駄目だよココで!!!
そいうことがちゃんとできないなら・・・・
留学生入れるなボケ!
と、言いたいですね。

更に・・・・

・ホストペアレンツが夜、頻繁に出かけていない。

お手伝いという名の、例のワーホリ女がいるのですが、もちろんホストペアレンツがいないと、さぼるので何もしてくれない。
彼女は、ホームスティー代を払っているにも関わらず、自分で夕食に「インスタントラーメン」を作って食べる日も多々。

言っておきますが、ホームスティー代には夕食代が込まれてます。
(ホストファミリープロバイド)

そのワーホリ女も一緒にそのホストと共に夜でかけることもしばしば・・。



すると・・・

・20歳の息子が友達を呼んでパーティー


一番小さい子供はうるさくて寝れないと泣き叫ぶ始末。

ここまで、来ると・・・

ありえね~だろう!!怒

万が一、酒飲んで酔っ払ってレイプ!なんて、犯罪に繋がったらどうすんだよ!
そこの息子が何もしなくても、友達が何かしたらどうすんのよ?

もちろん、そんなホストですから・・・家の中の掃除も行き届いていなく、ペットの食器も人間の食器も入り混じっているような家。


ついに、湧いちゃいましたよ・・・



しらみ。



そして、その留学中の娘は、薬を飲む羽目に・・・。

もちろん、ここまでくるまでに、お母さんも黙っちゃいません!
日本のエージェントに何度もその旨を報告して対処を考えて欲しいと懇願しました。

しかし、日本のエージェントからの返答は決まって・・

「話し合いをしてみましたので、少し様子を見ましょう。」

アホかボケ!

そんなもん様子見てる場合じゃない!

これが、地元のエージェントなら速攻、ホームスティーを変えてるわ!
モノが無くなってるはじめの時点でな!

だから、使えないんだよ!
日本のエージェント!


というか・・・もう、そんなファミリーホストファミリー、リストからはずされてるわ!!


そして、母親としてはもう我慢できず、直接ホストマザーに交渉しようと試みたのでした。

「スカイプでお話したいので時間を作っていただきたい。」



そして・・・その返事は・・・

待てど暮らせど、なし!

そう、無視!


虫が湧く家だけに・・・無視!


そして、もう我慢できない母として、最終手段に出たのでした。

しかし、それが、さらに娘を地獄の底の底に落すことになるとは、この時には思いもよらなかったのです。

続く・・・
[PR]
by mummy71 | 2010-11-09 09:17

海外留学の罠

さて、最近は、中学生くらいで海外留学に出すことなども、日常茶飯事になってきました。


「海外留学」


海外の地元の学校で勉強をする。

プールつきの大きな庭、夏にはBBQ、バービーファミリーのようなホストファミリー
年上のステキな大学生の息子さんなんかいちゃって、密かに思いをよせる。
英語がたどたどしい自分を暖かい気持ちでいつも見守るホストファミリー

学校に行くと、日本とはまったく違う、映画の中のようなクラスルーム。
芝生の校庭。
ハゲの似合うさわやかな校長先生(爆

そう、海外留学・・・・憧れの海外留学~~~☆


聞こえはとってもいいですね~~


現実は違います。



まず、ホストファミリーのトラブル

これはすご~~く多いです。
なんせ、生活習慣がまったく違いますからね。

だいたい、ベットに靴で寝転がるって・・どおよ???

食習慣もまったく違います。
病院のシステムだって・・・泣きたくなるくらい違うんですよ。特に歯医者・・(今、トラブルの最中です。あたし)
お風呂だって、買い物だって・・・なんだって全てが違うんです。

だから、多いのです・・・・

そして、正直に言わせていただくと、ホストファミリー・・・・
やはり、収入源のためにやってる人が多いのではないのでしょか?
それはそれで、まったくいいと思うんです。

義務を果たしてくれればね。

もちろん、老夫婦で本当に、人が好きでお金は二の次でやってる人もいます。
そういう人たちにあたったら、本当にラッキーと思います。


そして、次に多いのは、
エージェントとのトラブル

例えば、ホストとのトラブルが発生。

子供→親→日本のエージェント→海外の支店エージェント→ホストファミリーへの確認

もしくは、海外支店を持っていない場合

子供→親→日本のエージェント→委託の地元エージェント→ホストファミリーへの確認


そして、正直、日本にいる日本のエージェントってあまり地元のこと理解してないんこと多いんですよね。


だから、私的には、地元にある日本人経営のエージェントをお勧めします。

トラブルが発生

子供→親
↓   ↓↑報告
地元エージェント→ホストファミリーへの確認

って、ことになります。
まず、その子が留学に来たときには、空港へお迎えにきてちゃんとホストファミリーを紹介してくれます。
もちろん、街中になる事務所には、学校の帰りなんかに顔を出して様子を話したり出来るようになってます。
相談もカウンセリングも、休日にツアーに行きたいなんてことになったらツアーの手配も全てできます。
だから、トラブルになったらすぐにいろいろしてくれます。

それに何より何が強いかというと・・・

地元に住んでいるだけに地元の生活状況がわかっている。
だから、それは生活習慣の違いだから仕方ないことなのか、あきらかにホストファミリーの怠惰なのかすぐに判断して的確に解決してくれます。

だから、あたしは、地元にあるエージェントをお勧めします。
もちろん、地元のエージェントは、日本の大きな企業からも委託を受けますが、やはり直接申し込みされた方が直接やり取りできるので手っ取り早いと思います。



さて、今回、娘さんをここクライストチャーチに留学に出したあるファミリーの話を書いていこうと思います。

こちらは、実話です。



14歳、中学生の娘さんを短期留学で、ここ、クライストチャーチに初留学。
1ターム(1学期)のみの留学。

申し込みは、日本でも支店を多く持っている、留学専門会社。

最初のホストファミリーは、地元KIWIのリタイヤメントをしている老夫婦の所。
そこには、もう一人ドイツ人の留学生がいました。

が、日本のエージェントの資料には、その留学生はそこの末娘さんと、記載されていたそうです。

詐欺やん・・・・ボソ・・。

他に、息子と娘がいますが、もうとっくに独立。

ちょっとした、書類上のミス?は、あったもののその他は全て順調。

学校からも近く、ファーム経営をしていたので、生活は規則正しく、週末にはファームに行ってバギーにのって楽しんだりと、とってもいい環境で過ごせたそうです。

そこで、これならば・・・と、延長を申し込んだのでした。

ここからが、地獄への第一歩だったのです・・・。



続く・・・
[PR]
by mummy71 | 2010-11-08 13:00

おかめちゃん

は~
ふ~

あ~~~。

あ‘‘~~。


昨日からの腫れがまだ引いてません。
今朝起きたら・・・・・
腫れが下に移動してるような・・・・。
大きくなってるような・・・・・。

鏡を見ると・・・


オカメ納豆のおかめちゃんが・・・


c0105680_7115615.jpg



まさに、こんな感じ。
笑顔はないけどね・・・。

どうせなら、左右対称にしてくれればまだしも・・・
左だけって・・・(涙

歯の痛みはないんだけどね。

ほっぺは痛いの(涙


いろいろネットを調べたら、「寝不足、疲労・・・などにより・・」と・・・

やっぱり、体調が思わしくないときは、ゆっくり体を休めないと、体が怒ってこうして復讐してくるということが分かりました。
ご・・・・・ごめんよ。
酷使したあたしを許して・・・・・。


でもね・・・・
ここの所、あなた、かなり怠けすぎだったじゃない。
お肉もタプタプついてきて、お腹がおかめちゃん状態だったじゃない。
背中も腕もボンレスハムになってたじゃない・・・。

だから、少し渇を入れただけだったのよ・・・。

お願い、もう許して~~~。


こんな状態の中、今夜、彼の高校からの友人が彼女と共に食事にやってきます。
初めて会うのに・・・・・・。

おかめなあたしって・・・・・・

ガーン・ガーン・ガーン(涙
[PR]
by mummy71 | 2010-11-05 07:20