続きがあるのか?!

まず、今年からの方、是非こちらの過去ブロをお読み下さい。

1.今年はいったい
2.熱い一言



2011、去年あったことを思い出しながら、今年は確実に良い年になると信じて迎えたものでした。
あれから、まだ、3ヶ月です。

振り返ると・・・・・

正月早々、次男が中耳炎になり救急病院。
その後すぐ、ドアに指をはさみ骨にヒビが入り救急病院。

1月から嫌な幕開けでした。

しかし、そんなものきっと気のせい!と、悪い予感を追い払っておりましたが・・・

2月にCHCHの地震。

そして、間髪いれづに

3月に日本の地震。


心身共に疲れ切っていました。


それでも、立ち上がろうとしていた矢先の先週。

そう、去年、彼がかかった「睾丸腫瘍」
診断が下された週末すぐに「摘出手術」


地震の間も無事モニターは続いてました。
先週は、その定期健診CT結果と血液検査。


しかし・・

残念ながら


「転移」
リンパ・腸など・・


そして、今週の月曜よりケモセラピー(化学療法)を行なってます。



若いだけに、病院の対応もNZとは思えないほど、すごい早かった。


3サイクル(約3ヶ月)です。


摘出手術をしたあと、25%の割り合いで転移するそうです。

運が悪い・・・
と言う事らしいです。


運が悪いといえば・・・


ケモの初日に、コードンエリア(進入禁止エリア・今、チャーチはそいういエリアがイッパイです)に車を駐車したということで、レッカーされました。
それも、誰かがそのエリアのブロックを勝手にどけてしまいOpenにしていたのですが、それを知らずに車を駐車してしまったんですよね。


もちろん、いろんな所に交渉しました。

一言
「どうにも出来ないよ。運が悪かったね。」


運が悪い・・・・。



この言葉、もう十分です。
[PR]
by mummy71 | 2011-03-30 06:40 | 家族ネタ

先週の週末、彼のおばあちゃんの70歳の誕生日パーティーに呼ばれてオークランドまで行ってきた。

子供たちも飛行機に大喜び!

クライストチャーチ、快晴夏日を後にして飛び立つと・・・そこには、雨のオークランドが待っていた。
が、雨と言っても暖かい。
さすが、北島。

軽くオークランド見物をした。
その晩は、ファミリーBBQをして楽しみ早々、就寝。
次の朝、だらだらとすごし昼からのバースディーランチの支度を・・。


会場に行くと次から次へとはじめましての方たちが・・・・


頬が痛い。

作り笑い長時間。


そして、ランチ。


美味い!!!


さすが、レストランが数多くあるだけあってお料理が美味い!


こうして、数時間楽しみ・・・
あっという間に、クライストチャーチへ帰宅。



この帰宅便、残念ながら直行便がなく、ウエリントン経由。


ひょえ~~~

飛行機苦手(-_-;)



車で空港までおばさんたちに送ってもらっている途中・・・

「ウエリントンに行って、ジョン・キー(NZ現首相)にあったらHelloしてね!」


長男「え?ジョン・キー?ふ~~ん。うん!ハローするね!」

よくわかってない。




次男「うん!ドンキーにハローしておくね!」



NZの首相が・・・・



ど・・・・ど・・・・・ど・・・ど・・・・


ドンキー!!


(-_-;)
[PR]
by mummy71 | 2011-03-29 13:44 | 子供ネタ(結構笑える)

あたしのせいじゃ・・・

この間、郊外の友人宅でみんなでランチをすることにしました。

なので、彼の母親に子供たちのお迎えを頼んだんです。

11時スタートのランチ会に行くのに、3時のお迎えはちょっときつい。

家から車で30分ちょっとかかる所なのです。



楽しくランチ会を始めて会話もはずみたのしんでいる所で・・・


「あ!!!!」



チャイルドシート置いて来るの忘れた。(-_-;)



お迎えに行ってもらった後、向こうのお母さんが一旦彼女の仕事場に連れて行き、その後5時に子供たちと自宅に一緒に帰って行くことになってました。
チャイルドシートがなかったら、車駄目だ~~~。


時計を見たら3時15分前。


急いで電話して、
「今から帰宅するので、子供たちのお迎えは予定通りお願いします。でも、あたしが帰るまですいませんが、家で待っていてください」

と、頼んだんです。

「いいわよ~~♪」

との返事に安心して、帰宅の途へ。


そして、家に着いたのは45分後・・・。

3時半。


あれ???


家に誰もいない????


なぜ????


子供たちは?



とりあえず、彼に電話する。



「ね~あなたのお母さんと話した??子供たちいないの・・・どこ??」



「あ~学校だよ!」


え??!!



「なんで?!?!?!」



とりあえず、理由は後にしてお迎え~~

と、電話を切って急いでいったのでした。


すると、あたしの前を歩く一人の女性・・・


あ!ババー!!何してんだよ。こんな時間に!(-∀ー#)
(言葉遣いが悪くて失礼・・・でも、怒ってたもんで)



「あ~~ボウボウワ!もう!!!ちょっと見てよこの安物時計!!!!3時5分前で止まっちゃってさ~」




え!!!時計が止まってたからお迎え遅れたの?!?!



でも、働いてたら時計が回りにいっぱいあるじゃん!!
というか、ずっと同じ時間でおかしいとか思うでしょう普通・・・(-_-;)



もちろん、謝罪などない。
さすが、KIWI女だ。



「ここまできたから子供たちにHelloしようと思ってね!」



何が、Helloじゃ・・・・(-∀ー#)



ということで、オフィスに行くと・・・息子二人待ちぼうけ・・・



「ごめんね~~」と、あたしが入っていくや否や・・



長男が・・・


「も~~マミー今日はどこで寝てたの?」


ええええ~~



あたしのせいじゃ・・・・ない・・・



隣で、向こうの母親は普通に子供たち「今日、学校どうだったの~~」

ちょっと~~~あんたが本当は迎えにくるはずだったって言ってよ~~~(-∀ー#)



事務の人見てる・・・


あ~~あたしのせいになってる~~~(´;ω;`)ウッ…




もう、二度とお迎え代行は頼みません!

[PR]
by mummy71 | 2011-03-25 05:56 | 子供ネタ(結構笑える)

迷路

本日、朝、彼の病院の定期検査があったため病院で彼を降ろしました。
病院の敷地内に入るのもすごい混み様。
入ったら、一人づつどこに何しに行くのか聞かれる始末。

ひょえ~~~。

そして、帰宅しようといつものように走っていて気付きました。


はっ!
町を突っ切って帰れないはず・・・
と言っても・・・一方通行。
前にも車がいるし~と、着いていったのが大きな間違え。


ひょえ~~


行き止まり!
行き止まり!
行き止まり・・・。


ユーターンも出来ずに、あっちこっち曲がっていたら・・・・町のすぐ近くへ。



呆然・・・。



廃墟となってる町。

傾いてるビル。

半壊のビル。



TVで見るよりもっと酷い。




家は町の近くだけど、今日まで一切近づいてなかった。




ああ~本当に、こんななんだ~。



ん?



あら?!?!



地元の人、ランニング中。
犬の散歩中。


こんな風景を目の前にしても、笑顔のみんな。



そうだよね~この辺りに住んでる人は、もう、メソメソしててもしょうがないもんな。

やっぱり、すごいなチャーチの人間!



しかし・・・・

あたしは、この迷路から抜け出せない。


と・・・アーミーの方が近寄ってきて、「どうしたの?」


「家に帰れない~~~~!」


「クス・・・」


で、説明してくれました。



が・・・・


そんなに大回りしないと帰れないの???

目と鼻の先に家があるのに・・・(-_-;)




というわけで、やっと帰宅。




「迷宮のアンドロイド」ならぬ「迷宮のクライストチャーチ」だよ。
[PR]
by mummy71 | 2011-03-24 07:58 | ニュージーランド

笑顔

NZの地震からちょうど1ヶ月経ちました。

日本に比べたら被害は本当に小さいけど、それでも、家族をなくした人や家をなくした人の思いは、日本の人達と変わりません。


日本の自粛ムードも、少々変わりはじめている頃になっていると思います。


私的には、元気になって笑顔になれる人からなっていって、その笑顔でたくさんの人を救ってほしいと思ってます。


あたし自身の話ですが、被害も本当にびびたるもので、彼の仕事もある。
それでも、精神的なダメージはかなりきました。

そんな中気がつくと、「自分は本当に大丈夫なんだよね~」と、言う友人がいつもとかわらない笑顔と元気で側にいました。
そのときは、あまり気付かなかったけど、地震のあったばかりの当初からずっと一度もNOといわずに、時間があると必ず一緒に時を過ごしてくれていたのです。

あの、普段と変わらない態度と笑顔にどれだけあたしは元気をもらっていたのでしょうか・・。

彼女は、それをたくさんの周りの友人や知人に時間が許す限りずっとしているのです。


赤十字の人も言ってましたが、やはり自分がいくら元気でも、人からの被害の話を聞いたりしているとその人の心も萎えてくるそうです。


そう、あたしは・・・彼女は、みんなのネガティブな思いを吸い込んで自分のポジティブな気持ちをあげていたのだと思います。


今も笑顔は変わらないけど、見た目はげっそり痩せてしまいました。
本人は、「大丈夫なんだけどね~胃が受け付けてくれないのよ!」と、明るく笑ってましたが、やはり、その笑顔の裏には、彼女なりの苦労・苦痛があるのだと思います。


笑顔って本当に人を救いますよ。


だから、日本の皆様も笑顔になれる人から笑顔になって、前に進んで言って欲しい。
そして、辛い人達を引っ張っていってくれたらいいなって思います。


あたしなりに、応援メッセージをこのチャーチのZUMBA仲間と作りました。
よかったら見ていただけると嬉しいです。

日本の皆様へ
[PR]
by mummy71 | 2011-03-22 06:58 |

災害時のチェーンメール

最近、ブログを書く気になりませんでした。
いろんなことが心配で・・・・。



さて、この間、友人からの転送メールが来ました。
それを読んでびっくりして、友達に転送して日記にも書きました。


が、今、流行?のチェーンメール?らしいということでした。
あくまでも、あたしはらしいで、まだ、その内容は灰色のような気がします。

ま~それはともかく・・・。

様様な反応をいただきました。



一般的には、チェーンメールを回すやつはろくでもない的な反応が多いです。



しかし、そのメールを回した人にしてみたら、いたずらにパニックを起こそうとしてるのではなく、本当だったら知ってほしいという人もいるはずです。
もちろん、パニックになって送ってる人もいるはず・・・

そして、そういう人もまさに今、不安をかかえてる被災者でもあるわけです。


それに対して、「謝罪しろ」「すぐに消せ!」「何を考えてるんだ!」と、知らない人達に言われたらどうでしょうか??
ただでさえ、心が萎えてしまって疲れてるのに・・・・
自分を否定されるというのは、普通のときでもやはり落ち込みます。


ならば、「そういう話が出てるのか・・・。ちょっといろいろ調べてみるね!」で、いいと思います。
そして、「やっぱり違うみたいだよ!みんなに教えてあげて安心させてあげて!」で、いいんじゃないですか?


今この状態でパニックにならない人の方が少ないと思います。
だから、パニックになってない人は、なった人の心のケアをしてあげるべきなのでは?


今、お互いに人を思いやる気持ちがまさに大切な時です。



ちなみに赤十字で、教えてもらいました。
被災地での被災者への心のケアーは、3T。


Tears 涙
Talk  会話
Time  時間


涙を流して感情を出してしまうこと。
いっぱいおしゃべりをして、心の中にあるものを出してしまうこと。
そして、あとは時間を待つこと。



チェーンメールも、ひとつのTalkなのかもしれませんから、否定しないで受け止めてあげて、真実ではないことを相手に上手に伝えてあげましょうよ。


悪気があって送ってる人ってこの状態では、少ないと思いますよ。
とくに、それがあなたの友人で、あなたに余裕があるならば、そうしてあげてください。
それが出来ないのであれば、黙っていればいいと思います。そして、そのメールは自分の所でとどめればいいのですから・・・。



しかし、ああいうメールを最初に作る人ってどんな人なんだろうか・・・。
[PR]
by mummy71 | 2011-03-19 06:04 |

ウチの実家の近所は、別荘地です。

だから、右も左もお隣さんがいません。
ウチの前に住んでいたおばあちゃんも2年前なくなって空いてます。


そういうところを被災者に貸せばいいのに・・・・


右は確か川崎の方、左は確か東京の人。


すぐに住めるものは全てそろってるんだから・・・

とりあえず、親戚や知人に避難所生活をしてる人がいたら貸せばいいのに・・・


ただとは言わないよ。


家賃は当分免除で、水・電気など最低限は払ってもらえばいいのではないかしらね?!?!



そういう所たくさんあるんじゃない?



ウチの母に電話したら、困ってる友人がいたら部屋を空けますといってくれました。
2人暮らしの両親に3ベットルームもいらないもんね。



そういう人もたくさんいるんじゃないかな?




ただ、今、こんな状態だから精神的に他人と住むのは難しいという人も多いと思う。
それだったら、しょうがないけど・・・・。



政治家さんのお宅も、たくさんお部屋余ってるんじゃない??
親戚や友人にスペースを貸してるのかしら?


皆さんはどうですか?

もし、空家や別荘があるならば是非オファーしてあげてください。
[PR]
by mummy71 | 2011-03-16 09:42 | 日本

暗すぎて今までに見たことないくらい、星が綺麗だよ!仙台のみんな上を向くんだ!

(現地での会話)



こちらをどうぞ↓
Twitter投稿集



頑張れ日本!
[PR]
by mummy71 | 2011-03-14 05:18

募金まとめサイト

こちらです!

詐欺に気をつけて!!!!
[PR]
by mummy71 | 2011-03-13 09:10 | 日本

こんな記事がありました。


CNNでもBCCでも絶賛されている。「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」

「ニュージーランドが被災した際、ニュージーランドの救助隊の側には常に日本人の救助隊がいた。だから今度は私たちが日本を助ける番だ。」とラジオで流れてきた。…まだ諦めるのは早いよ!もう少しだから頑張って!

韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後) 「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」

(拡散希望)速報 トルコ、日本に100億支援。 さすが親日国。これを見て被災者が勇気が少しでも出る様、祈っています。

CNNの専門家の言葉「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」

チリ人からメッセージが来た。「僕らも1年前に同じように大きな地震を受けました。その時からこれまでを強く支えてくれたのは日本人でした。チリは日本に感謝しています。無事を祈っています。」

米国、韓国、中国、ロシア、欧州連合(EU)など38の国・地域から支援の申し出。国連の潘基文事務総長は「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する」と(時事)

日本の強さがこんな時に始めて分かった気がする。国の規模でも軍事力でもない、日本人の深いところにある思いやりの心。世界がそれに応えようとしてくれてる。インドの学生がろうそくを手に祈ってくれてる。

ハリケーンカトリーナの時は、普段1$の水が10$で売られ、それを経済学者は"It's market price."と擁護したのです。今回サントリーが自販機無料開放してくれたことを、忘れてはいけませぬ。

オバマさんは「必要なあらゆる支援を行うと申し出た」と、ゲーツ国防長官は「日本は洗練された国家だが、あまりにも大きな災害であり、要請があることは何でもやるつもりだ」と言ってくれてるそう。

日本に住む外国人の友人から→「スーパーに買い出しに言ったら床にばら撒かれた商品を黙々と拾う人々が。みな横入りをせずに黙って列を作り、順番に並んでお金を払って買い物をしてる。略奪は起きていない。超満員電車では高齢の方が妊婦さんに席を譲っているのをみた。日本はすごい」と


日本人、最近どうなの?
なんて、言っていたけど、日本人魂はいつも奥底にあったんだよね。
こんなことになってしまって、まだまだ、不安もたくさんあるけれど・・・・

そう!日本なら!立ち上がれるよ!

何度も立ち上がってきたんだもん!

一緒に立ち上がろう!!

Rise Up Japan With NZ!
[PR]
by mummy71 | 2011-03-13 04:54 | ニュージーランド