南の島のハメハメハ

ここNZはのどかな国。
しかし、先進国からきた人々には少し難しい国。
私個人の意見では、ここは発展途上国でもなく先進国でもない、「発展先進国」なのである。

まず、恐ろしいことに、ここは車の免許が15歳から取れる。

ラーナーズ・15歳になったら、本免許を持っている人が隣に乗っていれば、いきない道路で運転可能なのである。
「L」というマークのスッテカーをはって走っている。
(私は個人的に、「ルーザーズライセンス」(負け犬免許)と、呼ばせていただいている。)

そして、1年過ぎると「レストリクティブライセンス」といって、6時から22時まで一人で運転してもよく、その時間外は、本免許を持っている人と乗らなければならない。

そして、18ヶ月たつと、本免許のテストが受けられる。

こうして、2年半かけて彼らは免許を取るのだ。

そこで問題がある。
こちらにも自動車学校なるものはあるが、お金をはらってまで利用はしない。
そこで、ほとんどが両親によっておしえられるのだ。
もちろん、その両親も両親によって教えられ・・それが何年にもわたって繰り返されているのだ。

ここ5年に渡って、ものすごい高度成長を見せているこの国だ。
人口も、ものすごく増えている。
移民の数も、ものすごいものだ。
しかし、いまだにこのシステムは続けられているのだ。
交通法も変わってきているが、そんなもの気にしない「ハメハメハ♪」の人々なのだ。

そして、今日恐ろしい事実を聞いてしまった。なんと、50ccのスクーターは
16歳になれば乗ってもかまわないそうだ。
免許?何の話だ?
50ccに免許など存在しないのである。

無免といえば、リッチになってきたここハメハメハではジェットボートも盛んになってきた。
もちろん、免許などいらない。

そして、一番驚いたのが・・・

この間、遊びに行ったボスのお家で、「子供を連れて学校のプールに行かないか?」と、誘われた。
「え?今日はプールの日なのでしょうか?」と聞いたら
”いや、ほとんどの親が学校のプールの鍵を持ってるんだよ。”と、聞いて目が点になった。
好きなときにプールに入れる!
鍵っ子ならぬ鍵ッ家なのだ!

もちろん、ここでは監視員などいるわけもない。

気分がのらないので仕事にいかない。
女房の出産にもとづき2週間の休暇をもらう。
ガールフレンドが病気だから看病のためお休み。

そんなこともまだまだ通じる国である。
ここは南の島のハメハメハなのだ。

c0105680_1521838.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-02-05 15:11 | ニュージーランド

あれは、下の子がやっと3ヶ月になったあたりの頃だった。

上は年子なので1、歳半になったところだ。
弟の存在にも、少しずつ慣れてやっとほのぼのとした場面も見られるようになって来たころだ。

洗濯物をたたみながら、遠めで兄弟を見守る私がいた。
下の子は、足をばたばたさせながら喜んでいる様子だ。
上の子があやしてくれているのだ。

うーんなんと幸せな光景・・・

そんな、満足感にひたっている私に、上の子が走りよってきた。
”どうしたの?”と笑顔で話しかける私。
その瞬間、顔がひきっつった。

”くさ!あんたくさい!何?”

彼の手には茶色いうんこが・・・

”なんじゃこりゃー”

私は”太陽にほえろ”の松田優作状態に陥っていた。
そして、下の子を見た瞬間、愕然とした。

口の周りがウンコ。

ウンコの洗礼を受け無邪気に笑っている。
”クソだらけの天使たち・・・”
であった。

c0105680_1144257.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-02-03 11:04 | 子供ネタ(結構笑える)

ウンコ君の洗礼 妹編

さて、あれはかなり昔になるが、家は、建て直しをする前の家がボットン便所だった。
子供には、あの穴がかなり大きく見えたものだ。
そして当時見ていた”8時だよ!全員集合!”に感化され、夜はあそこから手が出てくるものだと、思いよくトイレを我慢した。
そして、今では想像もできないような、あのやすっちい固い四角い紙がトイレのすみにいつもおいてあったものである。

ある日、うちの母が血相を変えて妹を探していた。
私とは6歳年の離れた妹だ。

以前、行方不明になってパトカーで巡回しているところを見つけた。
と、いう前科持ちの妹である。
私は、さほど興味も示さずひたすら遊びに夢中になっていた。

突然どこからか、子供のすすり泣きとともに
”たーすーけてー”
と、か細い声が聞こえてきた。
妹の声・・・・・・!
いったいどこから?
探しても探しても声の主は見つからない。

外で血相を変えてる母にその旨を伝えてみた。
どこを探しても見つからない・・・声は地の底から響いてくる。

もはや”あなたの知らない世界”である。
(当時夏休みになると12時からやっていた怪奇体験を再現する番組である。かなりコワーイTVであった。)

そして・・・・・・・・・・・・・妹がとうとうみつかった!

なんと、妹はぼっとん便所に落ちていたのだ。

母は2階のバルコニーから、物干し竿を抱えて、飛んでトイレに飛び込んだ。
多分、トイレの底まで2-3mはあったのではないだろうか。

母は
”落ちるんじゃないわよ!しっかり持ってなさい”
と、ものすごい金切り声を上げていた。

ウンコ君たちの洗礼をうけた、くさい、きたない、小さな妹が竿に必死にしがみついていた。

そして私は”ド、ド、ドリフの大爆笑ー”と、口ずさんでいたのであった。

c0105680_10402428.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-02-03 10:40 | 家族ネタ

言語 危険編

もう十何年前になるが、アメリカのショッピングセンターで強盗が押し入った。
”フリーズ!動くな!”
と、言われみな動きをとめたのだが、英語の理解できない日本人学生が動いてしまい、撃ち殺された事件があった。


やはり言語とは、危険なものでもあるのだ。
同じ日本語でも、”かまかして”これは方言で”かきまぜて”という意味だが、私たちにすれば”鎌??”なんて物騒な!と思ってしまう。

日本語英語というのも、かなりややこしいもので、例えば”ビニール”。
これは、絶対英語だと私の中では長年思っていた。
しかし、これはどうも英語ではないらしい・・”プラスティックバック”というのが正しいのである。

飲みすぎて気分が悪くなり”ビニール!ビニール!”などと騒いだときには・・・・・
”ビール”を目の前に突きつけられてしまうことだろう。

なんと危険な・・・

そして、職業でもそうだ。
”コック”これは英語で男の人の”おちんちん”を、えげつない言い方でいうこと、それと、「ノータリンの馬鹿野郎」などという意味合いもある。
(喧嘩言葉などに使う)
英語で正しくは”シェフ”が料理人である。

そして、”キンキ(近畿)”これは変態のことを示す。
”キンキキッズ”には申し訳ないが外国人のほとんどが、”変態がき”と思い込んでしまう。

ある少年が外国に留学などにいって・・・

”マイ ネーム イズ カント アソウ(僕の名前はおまOこクソヤロウです)”
”マイ ジョブ イズ コック(僕の職業はノータリンの馬鹿野郎です)”
”アイ アム カム フローム キンキエリア イン ジャパン(僕は日本の変態地域の出身です)”


なんて自己紹介したときには・・・

ここニュージーなら、殴られてボコボコにされるでしょうが、アメリカでは危険人物で撃ち殺されることでしょう。
言語とはとても危険なものなのである。
”旅の恥はかきすて”など、今の時代には通じない。
そんなことを言っていては”後の祭り”になってしまうのだ。

c0105680_1210354.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-02-01 09:46 | 語学

言語 子供編

上の子がやっと少しずつ言葉を発するようになってきた。
子供の言葉とは面白いものだ。

このタイトルのボーボーワも彼の言葉からとっている。
「ボーボーワー」は、「消防車」のことだ。
「ナイシー」は、「飛行機」
「デデデンハー」は、「デンシャ」・・・

この辺は日本語なのだが、英語もある。

子供用語で「ビスケット」を「ビッキー」というが、なぜか「ビッチー」になってしまう。
ビッチは英語で「あばずれ女」と、いういみだ。
スーパーでビスケットを指差され、ビッチーなんて叫ばれたときには・・・
その棚の前に女の人が立っていたら・・・・

ああ恐ろしい・・・

「トラック」が、「ファックー」に、なってしまう子もいる。
ファックは、とてもきたないののしりのことばである。

上の子がたまに私に”プリーズ シート。(座ってください)”と、いうことがある。
まだうまくいえなく”プリージュ シット”になるのだ。
これじゃー・・・・・・・・・・・・・・
”糞してください”だ。

しょうがないとは思うが、天使のような顔をして、笑顔で言われると複雑な気持ちに陥ってしまう、母であった。
c0105680_127183.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-01-31 18:56 | 語学

言語 電話編

言葉というのは難しいものである。
同じ日本語でさえ、とてつもない間違えを起こすものなのである。

かなり昔の話だが、某大手の電気会社で働いていたときのことだ。
当時、「パスポートサイズ」で世間をわかせたカメラの型番が、「CCD-TR705」という型番であった。
客と私たちの間では、数字だけで注文のやり取りをしていた。

ある日、新人の女の子が
”あのーこの人うちを魚屋と勘違いしているようなんですけど・・”
と、電話を渡された。
聞いてみたら705の注文であった。
電話を切った後
”何言ってんのよ!”
と、彼女に言ったら
”だって生マグロって聞こえたんだもん・・”
と・・・
"へえー??!!"
と、驚きとともに大爆笑であった。

そのほか、電話の応答で
”はい、こちらXXXの高木(仮名)でござる”
と、真剣に間違え
”そうでござるか!”
と、相手に言われたり・・

二階の経理課からの電話で
”二階の田代(仮名)です”
と、言う電話に
”肉屋の田代さんからお電話です”
と・・とにかく彼女には笑わされたものだ。

去年の話であるが、知り合いの喧嘩の場に居合わせることになったときに、あまりにも聞いていられなく、怒ったときがあった。(相手はニュージーランド人同士)
彼は彼女に向かって
”僕の21の誕生日なのに・・・・・・僕の21の誕生日なのに・・・・・・・・”
と、ごねまくっているのである。
彼の誕生日は、前日終わっている。

そこで私が
”ユア バースデー フィニッシュド!(あんだの誕生日終わったでしょ!)”
と、言ったのが・・・・・・・・・
彼には
”ユー アー バースダード フィニッシュド!(あんたは馬鹿野郎よ。もう終わりだね!)”
と、聞こえたらしいのだ。

言葉とは怖いものである。
だからといって、そんな間違えに一々反応していては、こっちでは生活していられない。
そんなときは
”あは!英語わかんなーい”
と、言って気にしない気にしない・・・
  

c0105680_11404141.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-01-31 18:33 | 語学

言語 名前編

言語とは難しいものである。
そして、不思議なものでもある。
以前、ドイツ人のお客様がいらっしゃ時に、会話の中で
”あーそぉー”
と、相槌を打たれ
”日本語お話になれるのですね!”
と、いったら唖然とされた。

ドイツでも相槌に”あーそー”と使うのである。
ちなみに、ドイツはドイツ語の「ドイッチュランド」からきていて、英語ではジャーマニィーである。

英語の名前でも混乱することが多々とある。

アンソニー=トニー
サミュエル=サム
トーマス=トム
ロバート=ボブ


サム、トムあたりは理解できるが、どこをどーとって「ロバートがボブ」になるんだか・・・
とにかく、名前を短くして呼ぶのがこちらでは主流だ。
となると・・・・・・・・日本語の名前も、こちらに来ると困ったことになることも多々ある。

昔、友達に相談されたことがある。
そのこの友人の子が、ホームステイ先のパパとママに名前を短くされて困っていた。
その意味を伝えて辞めてもらったほうがいいのか・・・・
あと1ヶ月我慢すべきか・・
しかし、公共で名前を叫ばれたときは、ひやひやすると真剣に悩んでいた。

彼の名前は”せいしろう”であった。
そう彼は、公共の場で
”セイシーカモーン”
などと叫ばれるのである。

余談だが、アメリカなどでは”ふくみ”という名前はフックミー”Fuck me”になり”ふくよ”は”フックユー Fuck you”に聞こえるらしい。

以前、日本の名付け本に載っていた「英語でも通じる名前」のところで、恐ろしいものを見つけたことがある。

レイジ=これは”なまけもの”という意味である

これはまだ許せる。

カント
こいつはいかん!
これは、ものすごい汚い言葉で、女の人の「ま〇こ」のことである。
こんな言葉使ったときには、もう大変なのだ。

アソウという苗字は、英語で”アース ホール”と聞こえる。
日本語で言えば
”くそやろー”
くらいの意味になるのだろう。

アソウ カント君なんて子が存在したら・・・それは大変だ!

やはりカッコをつけて、響きのいい英語の名前など付けない方がよいと私は思う。
これからは、いやでも海外交流が盛んになるのだから・・・


c0105680_12115814.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-01-31 17:59 | 語学

夏日だ!続編!

この間また夏日がやってきた。
その時、下の子は昼寝をしていたので、上の子だけプールに入れたのだけど・・

プールで一人で盛り上がっている。
”わーい”パチパチパチと拍手。
そのくりかえしである・・
何事かと思って覗いてみたら、プールの真ん中に座って下を「ジー」っと覗いているわが子がいる。
その瞬間”ポコポコポコ”と泡が・・・

おならである!

”うーん”
と、気張るとおならが出て、それが泡となり、水に出現することに感動したわが子が、何度も何度も繰り返し、「最高の笑顔」でその泡たちに拍手喝采を送っているのだ!!!

アホかこいつ・・・・
と、あきれながらもカメラを向けた私であった。
そして、私は一人家に入ろうとした瞬間・・・
"ギャーマミーマミー"
と、パニックになってかけてくる息子が・・・
何事かと行って見たら・・・・
プールの真ん中に小さなウンチ君!!

あんたさー・・・・・そりゃー、あんだけ力めば、「ウンチ君」も飛び出すでしょう。
それが、人間の体ってもんなのさ・・と、なだめる母であった。

c0105680_10252457.jpg

c0105680_10314095.jpg

[PR]
# by mummy71 | 2007-01-29 10:26 | 子供ネタ(結構笑える)

運って・・・

よく聴く言葉だけど、「人はみんな、幸福も不幸も同じ数だけもっている」と、いうが・・・あれは絶対「うそ」だと思う!

もうかれこれ7年位前の話だが、ここNZで売ってい、室内でも外でも洗濯物が干せるAの字の上に線がひいてあるような(横から見ると)物干しがある。
(もちろん床において使うもの)
大して高い代物ではないので、一家にひとつは必ず持っているものなのだ。
家にもあるのだか・・・
7年前これを購入したとき、家に帰ったらなんと真ん中のボウがない・・・
コレがないと支えにならないので、大の字に開いてしまうのだ。
でも、買った場所が悪かった・・
友達と、ちょっと遠出したときによった、「ウエアハウス」で買ったので、交換に行きたくてもなんせ遠い・・・
値段もそこまでしてするものではないので、あきらめて7年たったいまもあの状態でつかっている。

それだけだと、何の話をしてるかわからない・・と、思うけど・・・いつもこんなことが私にはおこるのだ。

子供用の2人がけのいすを買ったら、ビスがひとつたりなかった。

ストールをかったら(組み立て式)、組み立てるときの穴が、ひとつ開いてなく釘が通せなかった。

子供たちに、日本からアンパンマンのジャングルジムを買ってきたら、「アカ、オレンジ、青、緑、黄色」の組み立て式ジャングルジムなのに、アカが入ってなくてオレンジが倍の数入っていた。

こっちならなんとなく、「いい加減だからなーーこっちの製品」と、思うが・・・・・・・・・
日本の製品にまで、こんなことされちゃー
「あー私って」
と、思ってしまう。

ついこの間、友人のお宅にお邪魔した。
そこの奥様は、月刊NZにコラムをかいているとても頭のよくかわいらしい奥様だ。
その月刊NZの最新刊をもらって、楽しみにかえったら・・・・奥様の記事がそこから切り取られていた。
たいしたことではないのだが、過去のそんな小さい私の「不運」を思い出し嘆いた。
「あー私って」

これってある意味、宝くじで億とは言わないけど、300万くらい当たる確立と、比率するくらいの確立のような気がする。
だったらなぜ300万が、当たらないのだ。

そして、昨晩、私の頭に当たったのは、棚から落ちてきたスピーカーの角だった。
私の額には、小指の先ほどの傷とたんこぶが・・・

c0105680_1213454.gif
[PR]
# by mummy71 | 2007-01-28 07:27 | 笑いたい人用

夏日だ!!!

今日は今年入って2度目の夏日!
朝お友達のアーチー君の家にお邪魔!大きいお庭で走り回ってきた。それもみんな裸んぼだ!

最近ホースを振り回して遊ぶのが彼らの中の流行のようで・・・
今日も彼らはホースをもって走っていた・・・
が、アーチー君自分のドゥードル(おちんちんです。)を持ってオッしこしながら振り回していた。さすが、ウエスタンの子供2歳半にして振り回すほどの立派なもの・・
うちは・・・ニュージーランドと日本のハーフ、うーん・・日本より・・とてもでないけど振り回すなんて・・・

がんばれ息子!負けるな日本!

c0105680_924583.jpg

[PR]
# by mummy71 | 2007-01-22 09:45 | 子供ネタ(結構笑える)